明後日の演奏

 2017-02-19
ヴァイオリンの演奏を明後日に控えて、落ち着かないようなそうでもないようなヘンな気分です。焦ってヤミクモに練習したりはぜず、普段と同じくらいやりました。

時々、このブログをカテゴリー別に分類する作業をしていて、今日も気が向いて少し。そのなかで以前に自分が書いた言葉が目に留まりました。


どんな見てくれでも、その人なりの美しさが必ずあるに違いなく、
それはその人らしさが何の妨げも作為もなく、ただ内側から湧いて出るもの。
だからきっとわたしにもそういうものがあるのでは?
そういう姿でヴァイオリンを弾いてみたいのです。


わたしが明後日やりたいのはこういうことなんだ。
上手いとか下手とか、人にどう思われるかを気にせずに、そのままの自分を出して演奏したい。隠れない、隠さない、開く、溢れてくるものをせきとめない。
わたしのそういう姿を見てもらいたい。

初めのうちは会をやろうかどうしようか迷ったけれど、曲のリクエストをいただいて準備を進めるうちに、嬉しい気持になってきました。リクエストの曲は、いろいろな意味でわたしを前に進めてくれるものだと感じています。

「ヴァイオリンを弾く」という以外に、特別なことは何も予定していません。
簡素なスタジオで演出とか何もないけれど、それでいいと思っています。
ヴァイオリンは相棒くんと妹ちゃん、ふたつ持って行く予定です(^^)。


__ (2)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/741-9cf9cb47
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫