クラシックの先生だけど

 2017-02-16
ヴァイオリンのレッスンで、21日の会で弾く曲をみていただきました。先回ご相談だけした「魅せられて」も、今回はお願いしました。

リクエストいただいた曲は決まった楽譜があるわけではないので、自分でなんとか考えます。なので、まずは曲として成立しているか、へんなことをしていないかが心配です。
他には、やろうとしていることに無理はないかとか、クラシックの曲と違い「こうあるべき」という決まったものがないのでどう弾くか、技術的にはそれをどういう方法で弾いたら良いかなど、もう、いろいろ見ていただきました。

クラシックのヴァイオリンの先生ですが、柔らかい頭とたくさんの引き出しをお持ちで、本当にもう、あんな手やこんな手をご提案いただきました。
わたしはその場ではすぐにできないけれど、方針が決まって気持ちがスッキリしました。

ヴァイオリンを習うといえば、先生から出された課題を仕上げていくのと、教室の発表会というのが一般的かもしれません。
わたしは、どうしてこうなってしまったのか良くわからないけれど(笑)、レッスンで習うだけではないヴァイオリンの活動を時々するようになって、その都度、ご相談したり曲をみていただいたりしています。
変なことを頼むヘンな生徒かもしれません。

自分で会をやることにしても、ヴァイオリンの体験をやることにしても、相談にのってくださることはあっても、やめた方がいいなどと止める事はこれまで一度もなく、おかげさまで、こんなわたしに育ってしまいました。
本当にありがたいことだなと思っています。

先生の前でジュディ・オングを弾くのは、いつもとまた違った緊張感でした。
自分でつくった楽譜もお渡しして、こういう計画ですと見てもらうことになる。そのお陰できちんとボーイングやフィンガリングの整理ができます。
でも、緊張して家での練習でできていたことができなくなる。そういう箇所は本番でも怪しいなぁ…というチェックにもなりますね。いっぱい、できないところがありました…。

先生が弾くと「ああ、そうやって弾きたいんです!」という音が出てきます。ほんとにそうなんだよな。そうやりたいのです。それを真似して近づけていく練習をすればいいのだな。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/740-a4f9de80
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫