アゴ当てを交換してみたけれど

 2017-02-15
ここに書くの、1週間ぶりになってしまいました。
毎日いろいろやっています。
お腹が痛いとか腰が痛いとか肩が…とか(先日のバレエのせいではありません)、
気分がマッタリしてやる気がなくてお昼寝してしまったり…。
いえ、そういうことではなくて、21日の会に向けて練習をしています。

今更ですが、ヴィブラートが上手くできない。
それでも新入りヴァイオリンの妹ちゃんだと少し上手くいきます。
なぜだか、ヴィブラートをかけたい気持ちになる。

そこを気持ちの問題で片付けてはいけないのです。
相棒くんと妹ちゃん、何が違うのかといえば、
物理的に大きく違うのはアゴ当てで、それで構え方や手の動かし易さが違ってくるのか?

ふたつのヴァイオリンのアゴ当てを交換してみました。
相棒くんはいつものカチッとした感じから、ちょっと気楽な雰囲気になり、
肝心のヴィブラートは、ん~、あんまり変わらないかも。
それよりも、音が…!!!全然良くない(涙)。

妹ちゃんの方は、ちょっと重たい雰囲気になり少し偉そうな感じ。
でもわたしは妹ちゃんの伸び伸びとしたところが好きなので、これは違うかな。
こちらもアゴ当てが変わってもヴィブラートの動きにあまり影響はありません。

どっちも音が好きじゃない感じになってしまって、速攻却下です。
元に戻したら、どちらも良い音になりました。(^^)
まあ、その状態で良い音になるようにいろいろやっているのだから当然といえば当然ですが。

では妹ちゃんでは何故ヴィブラートがやり易いのか?
ふたつの楽器を良く比べたら、妹ちゃんの方が少しネックが細いのです。
(楽器自体も、少しだけ腰周りがスリムですが)
その違いで、親指の位置がほんの少し変わり、ヴィブラートがやり易くなるみたい。

相棒くんで同じようにネックを持とうとすると、腕を今よりもたくさん捻る必要があり、
それをやると肩に負担がかかって、ん~、ちょっとまた離れてきてしまいました。

無理しないで今までの状態でも、意識して手の力を抜いたり動かし方を注意したら
少しヴィブラートがやり易くなったようです。
やっぱり気持ちの問題か?いえ、これは意識の問題ですね。
だまっていても勝手にヴィブラートが掛かってしまうようになるまでは意識し続けなくちゃな。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/739-973bfe27
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫