スタジオを借りて

 2017-02-03
昨年、いとう明美さんのヒントラボTVでバレエについてお話しさせてもらったことがあり、二人ともバレエ経験があるので、いつかレッスンしてみる?と半分冗談で言っていたのですが、思ったことはやらなくては!と、スタジオを借りてみました。


__ (8)


わたしは4歳から10年と、18年間のブランクの後5年くらいレッスンをしたことがあり、もう今後はバレエをやることはないだろうと思っていました。バレエで音楽を表現する代わりにヴァイオリンを始めたのですが、踊るためではなくヴァイオリンを弾くために、またレッスンをしたらどうだろう?と思ったことがあります。

音楽に合わせて気持ちよく身体を動かしたい。呼吸しながら手足を伸ばして動かすだけでもいいんです。普通のレッスン(あるべき姿に近づけるために手を抜かない)をまたやりたいのではない。身体の都合に合わせて、無理なくできることだけやりたい。

バレエのレッスンは通常は複数名でやるもので、他の人の手前、わたしだけにそれをさせてくれるようなスタジオはないよなと、思うだけで終わりました。

そんな都合の良いバレエスタジオがないのなら、自分でやれば良かったんですね。こういう場所は誰だって借りることができるのだから。先生に見てもらわなくても、わたしが望む程度のことならば自習でもいいんです。一人じゃつまらないから、明美さんを道連れにしました(笑)。

二人ともレッスンは10年以上ぶりでしたが、この日に向けて少しづつ家でストレッチなどをして準備して、わたしは左、明美さんは右の肩が危ないので無理をせずに、足も高く上げず、早い動きもあまりぜず、でも終わりの方はちょっとジャンプしてクルクル回り、二人とも目が回ってヨロヨロとして…(笑)。怪我もなく、無事に終わりました。

ここ数日ストレッチをしながら、今更ですが身体の使い方で気がつくことがあり、退化しながらも別の面では進歩もするのだなと興味深く思います。30代でレッスンに戻った時には10代では分らなかった筋肉の使い方が分ったし、50近くになってまた発見がありました。

家に戻ってから気がついたのだけど、骨盤、股関節から大腿にかけてがとてもスッキリしていて(骨格が整った感じです)、そういえば以前もレッスンの後、先生に良くそう言われたなと思い出しました。

好きなことで無理なく身体を動かすことは、健全な心身でいるために必要なんだなと久しぶりに少し上気した自分の顔を見て思いました。もうバレエをやることはないと思い込んでいたけれど、難しく考えなければハードルはありませんでした。今後も無理のないペースで時々身体を動かしたいなと考えています。

無理はしていないはずです。筋肉痛になるほど頑張っていないはず。今はどこも痛くない。でも、それが不気味な感じです。明後日くらいになったら結果が出ますね(笑)。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/734-3bd6e4d2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫