先生の演奏を聴きに

 2017-01-31
昨日は夜にヴァイオリンの先生の演奏を聴きに行きました。
演奏会ではありませんでしたが、先生の演奏を聴ける貴重な機会でした。

発表会などあれば先生が演奏されることもあるかと思うけれど、幸か不幸か発表会はないのです。
そのおかげ?で、発表の場を求めて今のわたしの謎の活動が生まれたのかも(笑)。

あまり早く着いてもご迷惑かと少し時間を潰してから会場へ行くと
ドアの内側からヴァイオリンの音が聞こえて来ました。
ちょうどレッスンで良くすれ違う方と会って「あ~、やっぱり綺麗な音ですね~!」
「自分が弾くのではないのに、なんだか緊張しますね…。」と、演奏が途切れるまでドアの外で話しました。

ホールの中で聴くと、本当に良く響く美しい音でした。
先生と先生のヴァイオリンから生まれてくる音は、いつも通りの広くてあたたかい音でした。

先生に教わっていれば、いつかわたしもあんな音が出せるようになるのだろうか?
もしあそこでわたしが自分のヴァイオリンを弾いたらどんな音に聴こえるのだろう?
そんなことも、ちょっと思いました。

少し緊張はされていたかもしれませんが、
音楽に向かう姿勢も、人に対しても、1対1のレッスンの時と少しも変わることがなく、
そういう方がわたしの先生であることをとても嬉しく思いました。

全ての曲がヴァイオリンとギターの合奏でした。
ヴァイオリンとピアノの、「いかにもクラシック」という雰囲気とは違い、
しっとりとした落ち着きのある雰囲気や、おしゃれな感じや軽さなどもあって、
素敵な組み合わせだなぁと感じました。

演奏が終わり帰る時に、先生に習っている先輩で
以前このブログを見てお金磨きに来てくださった方が声をかけてくださいました。
途中まで電車で一緒に帰りながら、いろいろお話ししました。
先生に習っている他の人の演奏を聴いたり、こうしてお話できる機会があるといいな。

昨日はわたしの誕生日でした。(40代最後の…笑)
昼間は予定外のこともあったけれど、先生の演奏を聴き嬉しい気持ちになって帰ると、
家には息子が買ってくれたケーキが待っていました。
良い一日になりました。(^^)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/732-3026862d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫