ヴァイオリンを触ってみたい人のために

 2017-01-28
ヴァイオリンを触ってみたい人、音を出してみたい人が
気兼ねなく楽器と過ごす体験をする機会を考えています。

大事な相棒くんがありながら何で楽器を買うの?と思った方がいたかもしれませんが、
妹ちゃん(新入りヴァイオリン)と弓は、そのために買ったのです。

ヴァイオリンを習う前に、一度だけでも触ってみたい。
ギコギコとノコギリのような音がするとか、大騒音がするとか言うけれど、
本当のことろはどうなんだろう?
数年前のわたしはそう思っていました。

一度、音楽教室の無料体験レッスンというのを見つけて申し込みましたが、
仕事の予定が変わりキャンセルすることに。
そうしたら、「他の日程ではどうですか?」と言われて、
「ああ、そうか!無料体験というのは生徒さんを集めるためのものなんだ!」という、
社会の仕組みとしては当然のことに気が付きました。(笑)

わたしは音楽教室ではなく個人で教えてもらえる先生に習いたいと思っていました。
でも、その前にただヴァイオリンを触ってみたかったのです。

その時に、そこで習うことを前提としてのヴァイオリン体験ではなく、
ただ触って音を出してみるという文字通りの「ヴァイオリン体験」ができるところがあれば良いのに
と思ったのでした。

オーケストラ主催の音楽ワークショップなどで、子ども対象の楽器体験などはありますが、
大人のわたしは「やりたいです!」とは言えません。
ヴァイオリンってとっても大切な楽器というイメージがあって、
誰かが持っていたとしても、「ちょっと触らせてください」とは言えません。

そういうハードルを取り払って、
興味のある人が誰でも気兼ねなくヴァイオリンを体験できるようにしたいのです。

これからヴァイオリンを習おうと思っている人でなくてもいいんです。
一度触ってみたかったとか、他の楽器をやっているけれどヴァイオリンを試してみたいとか、
以前やっていたことがあるけれど楽器が手元にない人とか。

個人のヴァイオリン体験と、数人集まっての体験会の2通りを考えています。
その後の勧誘などは一切ありませんので(笑)、純粋に体験として参加できます。
けれど場所を借りて楽器も提供するので、有料になる予定です。
無料体験レッスンは世の中にたくさんあるので、無料が良い方はそちらへお願いいたします(笑)。

体験会はこちらで日時と場所を決めて、
個人体験はお申込み方法を準備してから、改めてお知らせします。

今日は新月で新しいことを始めるのに良い日だそうです。
妹ちゃんも良い音になり「体験用としては充分な楽器です(^^)」と先生に太鼓判を押していただきました。
まずは意思表明ということで、詳しくは今しばらくお待ちください。

__ (7)

大晦日に買ったカーネーション、つぼみが咲きそろいました!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/731-efd51a8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫