ヴァイオリンを2つ持ってレッスンへ

 2017-01-19
今日は背中と前にヴァイオリンを抱えてレッスンへ行きました。
今後ヴァイオリンふたつ持って出かけることがあると思うので、その練習も兼ねてです。
地下鉄の駅のホームドアに写った姿はこんな感じ。

__ (3) (768x1024)

妹ちゃん用に軽いケースを買ったので重くないけれど、身動き取れない感じはありますね。

ナットを直してもらい、自分でその他いろいろ手を加えた新入りヴァイオリン(妹ちゃん)は
先生も良い音がするようになっていると言ってくださいました。
先生に弾いてもらって喜んでいる様子で「ねえ、見て見て!」とわたしに向かって得意気です。
あ、「聞いて聞いて!」かな。

サンドペーパーをかけたとご連絡してあったので、少し心配されたようですが、
(実行したわたしも当初はとっても心配だった、笑)
前よりもキレイになっているヴァイオリンを見て安心?感心?してくださいました。

今回行った楽器屋さんは先生もご存知のところですが、
今後修理や調整が必要になった時に行く先をご提案くださいました。
良かった…。
現状では充分良い音が出るようになっているので、とりあえずは大丈夫そうですが。

相棒くんの方はお掃除して綺麗になり、音も変わったの見ていただきました。
音は良くなりましたが、買った頃はもっと良い音が出ていたはずとのことでした。
わたしもそう思います。
ずーっと思うような音が出ないと感じているのは事実で、
はるかに格下の妹ちゃんのほうが良い音が出るんじゃないか?と思ってしまうくらいだから。

かなりの時間を割いて駒の位置を調整してくださいました。
「なんか…、気難しいですね(^^)」と先生。

自分でも先生に教わったように駒の位置を直すことがありますが、
脚の部分も動きやすくなってしまっていて、なかなか上手くいかないです。
やっぱり気難しいのか…。
改善の余地アリですが、最初よりも良い音が出るようにしてくださいました。

相棒くんがわたしの本筋なのだから、もっと良くしたい。
妹ちゃんは一段落して一安心ですが、
ヴァイオリン改善作業は相棒くんへ移行していく模様です。

まさか、サンドペーパーはかけないよ。(笑)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/728-ccc6667d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫