自己責任でヴァイオリン磨き

 2017-01-17
楽器屋さんで見放され(笑)、これ以上できることはないのか?と考えて、
たとえネック上げはしなくても、弦高がとても低いので駒だけ少し高くできるのでは?と
今のより少し高さのある半加工品の駒が見つかったので、入手して交換してみました。

__ (3) (1024x810)

上がこれまでの駒、下が新しい駒 これまでのものは形も普通と違う


少し弦高が高くなったけれど弾きにくさは感じず、
駒の位置を調節したらヴァイオリンに活気が出たような気がします。
気がするけれど、音が劇的に変わったというほどではありません…。

で、もう少しお掃除をしてみよう!と、先生に教えられた方法を更に上回る自己責任掃除を。
今度はかなり汚れが落ち、下から透明な少し弾力を感じるコーティングがあらわれました!
相棒くんの肌とは明らかに違い、ピカピカだけど安っぽい感じ。

…これじゃ息ができないし、窮屈だよね。
先生が「ちょっとこもった音がしているのでお掃除したら良いかも(^^)」と言ったのは、このせい?
自分がヴァイオリンだったら、これはイヤだなぁと思って(←どんな感覚?笑)、
妹ちゃんを自由にしてあげようと、表面の被膜をはがすことを決断しました。

目の細かいサンドペーパーを慎重にかけ始め、
一瞬、わたしは取り返しのつかないことをしているのでは?と怖くなったけれど、
もう後戻りはできないと、次第に大胆になっていく…。そんな自分が恐ろしい…。
作業中のヴァイオリンは心配になるような姿で、写真を撮れなかった。

ふと、新生児(息子)のお母さんになったばかりの頃を思い出しました。
赤ちゃんを触ったこともなく、扱いも分らないけれどわたしが責任持ってやっていくのだ。
ちょっと試してみて様子を伺って…、その時とちょっと似ています。
そのくらいこの妹ヴァイオリンに対して腹を括って、なんだか分らない覚悟をしたのだと思う。

粉まみれになりながら作業の途中でコンコンと叩いてみたら、明らかに音が変わっている!!
すっかり自分の耳を信用できなくなっているけれど、気のせいじゃないと思う。

外出先から戻ったら作業しよう!と楽しみにして(というより、他のことが考えられない)、
作業に没頭して気がつくと時計の針が驚くほど進んでいて、ご飯を食べるのも忘れている、
そんな数日を過ごして、ようやく納得できるところまでできました。
自由になって伸び伸びとして、良く響く音が出るようになりました!

気のせいだとしてもとても満足です。
出会って初めて音を出した時、何がそんなに良かったのか自分でも分からないけれど、
あの時幸せな気持ちになったのは、気のせいではありません。

楽器としての価値が低いものであっても、
わたしが弾いた時に感じる嬉しさは、わたしにとっては価値がある。
それを他の人に分かってもらおうとする必要は無いのかもしれません。

妹ちゃん、お疲れさま。手荒なことをするつもりはなかったのよ(笑)
わたしもちょっと疲れたよ…(笑)

__ (2) (768x1024) 品のある美しい背中になった、と思う



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/727-5aa54ddc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫