ヴァイオリンをお掃除したら…

 2017-01-08
レッスンで先生に新しい楽器と弓を見ていただいて、これで落ち着くかと思ったけれど、
ヴァイオリンの掃除など始めてしまって、そうはいきません。

自己責任仕様のやり方を教わって試したら、
新しく買った妹ちゃんはそれほど変わらなかったけれど、
相棒くん(いつものヴァイオリン、写真右側)の汚れが驚くほど落ちました。

___20170108204341958.jpg

ヴァイオリンの中心部分、f字孔や駒の周辺がこげ茶色になっていたのがウソのようです。
音を出したら、驚きました!!すごく響きが良くなっていますー!
先生にご報告しようかと思ったけれど、思い留まった。
もう自分の耳が妄想にやられていて、ぜんぜん信用できなくなっています。(笑)

妹ちゃんのテールガットはまだ少し長いようで、再び作業を。
まだ楽器屋さんで調整してないから、気軽にこんなことをしてしまいます。

__ (2) (768x1024)

アゴ当てに応急処置でコルクを足しましたが、アゴ当てのサドルにぶつかる部分を削りました。
付いてきた汚いアゴ当ては、軽くて材質も柔らかく、
あまり良いものでは無いように思えて、わたしが作業しちゃっても大丈夫でしょう。
コルクは改めて超真面目にキレイに薄く貼り直しました。

このヴァイオリン、調整したらきっともっと良い音になると、まだ妄想を続けています。
G線の音がビーンと変に響いてよく確かめたら、テールピースのパーツ?が取れかかっていました。
あっちもこっちも不具合ありだけど、素性は悪く無さそうだと言ってもらったので
性能を充分に発揮できる状態にしてあげたいと思います。
わたしではこれ以上はできないので、あとは楽器屋さんへ持っていきます。

お掃除した相棒くんがとっても良くて、改めて惚れ直しています。
妹ちゃんはどこまで迫れるかな?それも楽しみです。




関連記事
コメント
ピカールじゃないですよね?(笑)

私も工房であーでもない、こーでもないといじり回していますが、魂柱の位置を1mmずらすだけでもだいぶ響きが変わるし、魂柱の長さが合っていない場合(表板と裏板は湿度や経年で変化するけど、魂柱は長さ方向が縦の木目になっているので、長さがそれほど変化しないそうです)、魂柱をぴったりの長さのものにしてもらうと、これがまたいい音になります。色々楽しみですねぇ!
【2017/01/09 01:01】 | クレモナ親父 #- | [edit]
クレモナ親父さん♪

さすがにヴァイオリンのお掃除はピカールじゃないです(笑)
でも、弓の金属部分はちょっと研磨剤を…。

魂柱は自分ではいじれませんが、
のぞいて見たかんじではパリッとしておらず、微妙です。
駒の位置や傾きがほんの少し変わっただけでも音はかなり変わるし、
アゴ当てや肩当て、弦の種類でも変わり、切りが無いと言えなくもないですね。

まずは普通の状態にしてもらおうと思います♪
それだけでもかなり良くなるはず!(まだ妄想の中の人、笑)
【2017/01/09 19:33】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/725-649a3e91
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫