先生に新しいヴァイオリンを弾いてもらった

 2017-01-05
今日は今年最初のヴァイオリンのレッスンでした。

いつも持ち歩いているケースに新しく買ったヴァイオリンと弓を入れて行きました。
早速先生に弓とヴァイオリンを見せて、先生にヴァイオリンを弾いてもらいました。

それを聴いたらすぐに、妹ちゃん(新しいヴァイオリン)はそこそこの楽器なのだと分りました。
いつも先生が弾いている楽器の音を聴いているから、ほんとにすぐに分った。
自分で弾くと分らないのにね~(笑)。

音を出してみた先生も、「いつもの楽器の方がやっぱり良いですね(^^)」とおっしゃいました。
低すぎる駒と指に当たる上ナットは、直した方が良いとのことでした。
今は調整されておらず、楽器としてあるべき状態とはすこし違うので、まずはそこを整えること。
まあ、相棒くんよりは良い音にはならないかもしれないけれど、
それによって今の音とは変わってくることもあるので、まだまだ良くなるかもしれません。

弓も見ていただいて、音も出していただいて、こちらは何も問題なしです。
毛替えをした方が良いか尋ねたら、このままでも大丈夫そうだとのことでした。

ヴァイオリンの見た目が、ニカワがベタベタと付いているし古いから汚いし…と言ったら、
きれいにする方法を教えてくださいました。
早速帰って試したら、かなり良くなりました。仕上げはまだだけど。
ヴァイオリンよりもアゴ当てが汚れていてビックリしました!!

見た目といえば、相棒くんのほうがもっとガシガシだよなぁ~と、
この前並べて撮った写真を見て思っていたので、こちらも拭いてみたら…、汚れが落ちる!
ひとまず今日はそれを確認して終わりにしました。え~!ビックリだな…。

先生に相棒くんの方が良い音がすると言っていただいて、なんだかホッとしました。
ちょっとだけ、今度のヴァイオリンの方が良い音がするような気がして
わたしはどっちを弾いたらいいんだろう…?なんて思ったりもしていたから。
でも、妹ちゃんに教えてもらえることもたくさんあるので、調整してもらうのが楽しみです。

今日は楽器と弓を見ていただいてお話しを伺ったので、
課題はクロイツェル9番と、26番の途中まで。
楽器のことが一段落したので、次からは落ち着いて練習ができそうです。

家に帰ったら、自分がとても疲れていることに気が付きました。
先月楽器を見に行ってから今日までなんとなく落ち着かなかったし、
その間、長めの仕事もあって、風邪も引いて何度も熱出して大変だったのに、
そういえば一日も布団の中で過ごすことはありませんでした…。どうして…?(笑)

気持ちの上で一区切りしたので、少しのんびりします。(正月明けなのにヘンだけど)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/724-219bbe33
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫