妹ちゃん(新しいヴァイオリン)とわたしの関係

 2017-01-04
弓で弦を擦ると音がでます。その音は楽器によって少しずつ違います。
出てきた音を聴いて、それじゃ、こうしたらもっと良いんじゃない?とまた音を出す。
楽器からの答えを聴いて、それでいいんだね、とか、えーこれじゃ不満なの?とか、
そうやって対話を続けながら弾いていきます。

相棒くんとわたしは一心同体、同化し過ぎていて、二人で見つめ合ったまま、
一緒に楽しくなることや、二人で落ち込んで行って浮上できなくなることや、
とにかく二人の世界で完結してしまってそこから出られない。(笑)

新しく来た妹ちゃんの音色は、シルバートーンの相棒くんより少し若々しく、
ストレートに言いたいことを言うような印象です。

ボーイングの練習をしながらふと「大きなホールの3階の客席」を思い浮かべたら、
そういう場所へ届けようという音が出て、
「あれ?あなた、わたしのことがよく分るんだね。」と心の中で思った。

そうかと思えば、ただなんとなく音を出されることには不満みたいで、
「わたしを弾く時にはいつでもその気になって音を出して。」と注文をつける。
「その気になって」というのは堂々とそれっぽく弾くということらしいです。

べつにヴァイオリンがそうしゃべっているのが聞こえるわけじゃないの。
態度で…、いや違うな、音でそう示されるのです。
機嫌が良くなると明るい声で良く歌う。「こういう歌い方をしたかったんでしょ?」と。
なんだか、挑発されているような…(笑)。

良い楽器は、大きな音が出る・音のレンジが広くスケールの大きいものということですが、
音の質が違うので自分では新しいヴァイオリンがどの程度の楽器なのか判断できません。
好きになったものはなおさら、親ばか状態で分からなくなります。

お値段からしたら、良いと思える楽器だというだけで充分かもしれないけれど、
もしかしたら相棒くんと同じくらい良いのでは?と、かなり妄想が膨らんでいます。

ぜんぜん新しい弓の話しになりませんが、
弓は今までも自分のものだったかのように感じています。
ヴァイオリンは二つをとっかえひっかえ弾いて比べていますが、
前の弓はその後は一度も使っていません。
新しい弓は違和感が無さ過ぎて、思うことがありません。(笑)

明日は新しい弓とヴァイオリンを持ってレッスンへ行き、先生に見ていただきます。
楽しみですが、なんだかドキドキします…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/723-294f394c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫