新しいヴァイオリンが来た

 2016-12-29
久しぶりの更新になってしまいました。

珍しく体調を崩し、先日の舞台の仕事の終わりの3日間は熱出したまま働いて、
その後一旦良くなったかと思ったらまた熱を出して、ようやくそろそろ大丈夫なようです。

その一旦良くなった時に、新しいヴァイオリンと弓を受け取りに行きました!

__ 1 (2)     __ 2 (2)


雰囲気がよく似ていますが、向かって左が新しいもので、右が相棒くんです。
妹分を探していたので妹ちゃんで良いのかな?弟か?
楽器に性別があるか分らないけれど(笑)

会員制の弦楽器専門のオークションで手に入れました。
今度のヴァイオリンも古い楽器で、オークションのリストには1890年のドイツ製とありました。
中のラベルは1831年ナポリとなっていて、何が本当か分らないけれど、古いことは確かです。
もしかしたら相棒くんよりも年上かもしれない…。とっても軽いのです。

楽器屋さんで売っているのとは違い、改めて調整などはされていません。
この妹ちゃんは、これがまたいろいろとツッコミどころが満載です。
テールガットが伸びて上に上がっている&駒がとても低い。
(これはオークションの下見の時に、立会いの職人さんが教えてくれました)

表板に割れがあり修理してあるが、かなり雑で膠が板にいっぱい付いているし、
サドルが左右対称でなく、アゴ当ての収まりが悪くテールピースに触っている。
そんなこんなで、良い音がするのにお安く手に入れることができたのだと思います。

調整されていないので、何だかラフに扱えてしまうのですね、このコ。
アゴ当てを外し、弦を外し、エンドピンを抜き、テールピースを外してテールガットを短く直しました。
(魂柱を倒さないように、そこだけはとっても気を付けた)

アゴ当ては、テールピースが通るトンネル部分のアーチが小さいのとサドルが片方だけ長いために
片側がサドルに乗っかって、ネジを締めると位置がずれてしまう。
とりあえずアゴ当ての脚?にコルクを足して、真ん中に収まるようにしました。

駒は今ので不都合なら楽器屋さんで交換かもしれないけれど、とりあえずこのまま。
持ち帰ってすぐにサビサビだったE線が切れたこともあり、弦は全部交換しました。
E線のアジャスターがボールエンド用になっており、手持ちの弦はループエンドなので、
コルクを買うついでに、普段あまり行かない楽器屋さんで購入しました。

テールピースの適正な位置は?駒の位置は何が基準なの?魂柱との関係は?
分らないことが出てくると調べて、でも相棒くんを見ながら大体こんな感じかな、と(笑)。
駒の位置は音に大きく影響すると思うけれど、今時点ではとりあえずここで。

途中でまた熱を出したりして、ようやく整備が終わったのは昨日でした。
(上の写真は整備済みの姿です)
楽器と弓が来たのでホントに忙しい。調べたいこともいっぱいあるし。
年末なのに年越しの準備どころではない。(笑) ←無理してやらないことにしました。

今年の総括の時期ではありますが、年をまたいで新しい楽器と弓のことを書きます、たぶん。
ひとまず、今日は調整編でした~。



関連記事
コメント
おめでとうございます!

何か、1枚目の写真を見たら、二人並んで笑っているような印象でした。

まぁ、バイオリンのデザインってそう見えるようなものかも知れませんが。

新しい(古い)楽器とのお付き合い、楽しんでください!
【2016/12/29 23:37】 | クレモナ親父 #- | [edit]
クレモナ親父さん♪

ありがとうございます(^^)
もう新しく楽器を買うことはないかもと思っていたのですが(笑)。
写真を撮るのに初めて二つ並べたら、わたしにも嬉しそうに見えました。
持つ楽器が変わると自分の気持ちも変わって、興味深いです。

新しい弓もあるのでしばらくは楽しい毎日になりそうです♪


【2016/12/30 09:35】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/720-fd80d625
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫