自分が好きだと感じるもの

 2016-12-19
日曜日にヴァイオリンと弓を見に行きました。

弓はそこで選びたい。ヴァイオリンはこの前見てひとつ候補はあるけれど、
それよりも良さそうなのがあればここで決めても…と思っていました。

ヴァイオリンは予算の範囲の中で、
写真を見てとても気になっていたものが、弾いてみても良いように思いました。
わたしの気のせいかもしれないと、他のも音を出してみたけれど、
やっぱりそのヴァイオリンが好きでした。

弓は今後自分が使うものにしようと思っていて、(ヴァイオリンもわたしのですが、笑)
予算はもちろんあるけれど、まずそれを気にせずに端から手に持ってみて、
手に収まりが良い、わたしと一体化するような感触のものを探しました。
(危険な選び方ですよね、買えないヤツを気に入ったらどうするの…?)

幸か不幸か、ほぼ予算の範囲内で3本候補があって、
実際に音を出してみたらその中の1本が特に良いと感じました。
なんと表現するのが良いか分らないけれど、とても自然な感じがします。

その弓で、気になるヴァイオリンを弾いたら、
気持ちがスーッと静かになって幸せな気持ちになりました。
出てきた音がどんな音か、良い音だっただろうとは思うけれど良く分らない。
まあ、わたしが弾いているのだしね。

ヴァイオリンが良く響くか?それそれの弦や高いポジションではどんな音がするか?
最初に確かめたとは思うけれど、好きになる理由はそういうことじゃないのだと思う。
「好き」というのは理屈で感じることじゃないから、うまく言葉にならなくてもいいのかな。
音を出して幸せを感じるのなら、それ以外に理由なんていらないです。
こんな選び方で大丈夫なんだろうか、笑。

立会いの方に、弓やヴァイオリンンについてお話しを聞かせてもらって、
話すのはぜんぜん大丈夫なのだけど、
ヴァイオリンを持つと、途端に消極的になるわたし。
いつになってもそういうところでは自分が場違いな人に思えて、楽器を持ったまま立ち尽くす。
(実際には何か音は出していると思うけど)

買えるかどうかが決まるまでもう少しかかります。
明日から6日間劇場なので、決まっても受け取りはその後になります。
長い期間の仕事には不安があるけれど、それを考えると元気になりそうです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/719-1e620cd8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫