初めてのバレエ鑑賞をご案内しました

 2016-12-17
今年の秋からバレエについてヒントラボTVでお話しさせてもらったり、
バレエのお茶会を開いたりしていますが、
今日は初めてバレエを観る友人たちを公演にご案内しました。

もともとはコチラを思いついたのが先でした。
初めて観るものだからこそ、バレエを観て良かったと思ってもらいたい、
面白いと思ってもらいたい、できればバレエファンになって今後も劇場に足を運んでもらいたい。

いろいろ考えてしまうと、なかなかコレという公演はないのですが、
新国立劇場の「シンデレラ」を選びました。


___20161217221417ace.jpg


誰でも知っているお話しで、長過ぎず展開が早く飽きない、
ダンサーも舞台美術も美しく、裏方として関わっていたこともあるので解説もできます。
そして何よりもわたしが好きだから。

7月の発売日にチケットを買おうとしたのですが、
後援会などに入っていない身分なので(コネとか使いたくない、笑)、
先行発売で既にかなりの席が埋まっていて、
しぶしぶ3階席を押さえたので心配でしたが、思ったよりも良く見えました。
(3階だけど中央の席です。わたしにとってはそれが大事。)


__ 3


新国立劇場の「シンデレラ」を客席から観たのは初めてです。
前奏曲が始まったらとても幸せな気持ちになって、全身がぞわぞわして目がウルっとしました。
出ている人皆が美しく愛らしく、フレデリック・アシュトン(振付 1904~1988 )の愛を感じました。

裏方としてこの演目に関わったのは15年くらい前。
忘れていることとすごく覚えていること、いろいろ思い出しながら観ました。
裏にいたのでは分からないことがたくさん見えました。
客席で見たから分ったこともあるけれど、
年月を経て、わたしが多くのことを感じられるようになったのかもしれません。

ご一緒した友人たちは今日を楽しみにしていてくれて、バレエも良かったと喜んでもらえました。
休憩時間や、終演後にお茶をしながら
感想を聞かせてもらったり、質問に答えたり、わたし自身の感想をお話ししたりして、
観て終わりではなく、それを消化するお手伝いができたと思います。

自分が好きなことで、わたしにとってはぜんぜん難しくないことで
こんなふうにお役に立てて、自分も嬉しいことがあるんだな。

ご一緒した皆さま、楽しかったですね。ありがとうございました。
お勧めできる公演はなかなかないけれど(笑)、またその折には企画しようと思います。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/718-d8ca33cf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫