練習も進歩もしている

 2016-11-25
なんとなく停滞期のように感じて長いこと経つような気がしていて、
練習の意欲が減っているのではないか…?とこの前も書いたのですが、
本当のところはどうなんだろう、と思ったりして。

初めの頃の、面白い、嬉しい、楽しいという気持ちから、
難しい、思うように弾けない、弾いても何だかなぁ…という気持ちが多くなってきてはいます。
気持ちはそうでも、練習をする時間の長さは
やることがだんだん難しくなってくるに従って、長くなってきています。

そうなんです!練習、やっているじゃないですか、わたし!
そういう客観的な評価をしてあげることを忘れますね、ひとりでやっていることだから。
確かに楽しい気持ちで弾いている割合は激減だけど。

舞台の裏方の仕事に行けば、何でもすぐにヴァイオリンのことに結びつけ、
この前みたいに合唱で歌えば、それもすぐにヴァイオリンを弾くことに結びつけ、
(ものすごくたくさん思うことがあったのです!)
結局、何かにつけヴァイオリンのことを考えているのです。

それが普通になったので、改めて感じないと良く分らなくなっているんだな。
ナンダカンダ言って、それなりにゆっくりでも進んでいるのではないかと思います。

どこに到達することを目標にして練習しているのか、今でも分かりません。
思うような音で好きな曲を弾きたいとは思うけれど、
取り組んでみてもガッカリするばかりで、実現するにはまだまだ長い道のり…。

ふと思いついて練習の最後に、一年前に教会で弾いた「The First Noel」を弾いてみました。
そうしたら気持ちがすーっと静かになって、そういうこと全部どこかへ消えてしまった。
ヴァイオリンを弾いてこんな気持になれる、これ以上のことはいらないかもしれません。

しばらく弾いていなかったし、相変わらず音痴なところもあるけれど、
前に難しかった最後の一音を静かに弾くのが、少しできるようになっていました。
そこが一番幸せを感じるところなのです、わたし。

それは難しいことをチマチマと練習している成果なんですよね。
分かっているの。だから練習しますよ。


__ (4)  練習を聴いてくれるお友だち



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/712-1342c555
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫