ふたりはそういう仲だから

 2016-11-09
先日のライブは浮揚真奈美さんと、
昨年わたしが「やりたいことをやるために生まれてきたから 朗読とヴァイオリンの会」
でご一緒したリキタケカズヨ(木下沢きのこ)さんとのコラボライブでした。

以前からライブもやっていたカズヨさんですが、最近歌うことに目覚め
「今までの自分はなんだったのだ!?」と
どこかの誰か(←わたし、笑)みたいなことを言いながら練習しているらしいです。

本番では1曲歌ってすぐに「楽しい~♪」と言っていて、ん~、そこはヴァイオリンとの違いか?
羨ましいな~と感じます。

カズヨさんの歌にダンナさんがギターを弾く曲が数曲あって、
2歳の娘、ユイさんも会場に来ているので、生まれる前からの友達であるわたしがお相手を。

親たちがリハーサルしている時に、ユイさんと手をつないで舞台のところへ。
「あのね、ユイさん。ここ、乗ってもいいよ。乗ってみたいでしょ?」
わたしが許可を出したら大手を振って舞台に乗っかってもいいのですよ。
(だってわたし、そういう仕事の人だから)

ユイさん、ちょっと考えてたみたいだけど、わたしがヒョイと舞台に乗せた。
ふふふふ…。絶対に好きだと思うから。

本番中もパパさんが舞台にいる時はわたしがユイさんと一緒にいて、
パパが戻ってくるとそちらへ。
そして再びパパさんが舞台へ行こうとすると、ユイさんが泣き出しました。

まあ、一応わたしがユイさんを預かるような格好になるけれど、
コレは合図だな…と思って(笑)、
預かる気も泣き止ませる気もさらさらないわたしは、舞台上の母カズヨちゃんにユイパス。

家ではママもパパもユイさんも一緒に練習(?)してるのに、
本番はパパとママだけなんて、ずるーい!と思うのが普通です。
ユイさんは2歳にしてライブハウスのマイクで「こんにちは~」としゃべりました。

「やりたいことをやるために生まれてきたから」
わたしとユイさんはそういう仲なんです。お互いにやりたいことに許可を出し合うんだ。
7月のヴァイオリンシェア会で「そうやって弾けばいいんだよ~♪」と
わたしのヴァイオリンに合わせてクルクル踊ってくれたユイさん。

ライブハウスを出る時に、一緒に居たパパさんの手がふさがっていたので
わたしがユイさんと手をつないで階段を上りました。
まだ2歳のユイさん、一段ずつ上がるのかと思ったら、
大人のように足を交互に出して、頑張って全部上りました。

「いつもはそんなふうに上らないよ。ユイ、すごいね~。」とパパ&ママ。
ほう、これはわたしへのお礼かな?(笑)
バイバーイ!と手をタッチして別れました。

ユイさん、また遊ぼうね♪


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/706-b8db91f6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫