ライブに馴染んできた

 2016-11-07
昨日はライブの日。
これまで何度かご一緒させていただいている浮揚真奈美さんの
「旅路の花よ」という曲でヴァイオリンを弾かせてもらいました。

14957956_1185987114822196_285813360_o.jpg


この曲を弾かせてもらうのは3回目、ライブハウスも3回目です。
曲にも馴染んできて、ライブハウスというのがどんな場所なのか少し分かってきて、
初めての時よりもワタワタとしなくなって来たように思います。

衣裳の打ち合わせをしなくても、何となく合っているのも馴染んだ証拠?!

初めての時には舞台の上で待っている時に、
緊張の手汗で指がニュルニュルになりながら「助けてくださいー!」という気持ちだったけれど
今では「またこうやって弾かせてもらうことが嬉しいな」と思えるようになりました。

もちろん緊張はしているのだけど、そんなこと舞台の上で思えるなんてね。
家での練習でもリハの音を最初からかけて待つ練習をしていて、
その時にも同じような気持ちになっていたので、練習の成果とも言えます(笑)。

肝心の間奏部分は練習と同じようには弾けなかったと思うけれど、
「2度あることは3度ある」というほど悪くは無かったと思います。
録音していないので、実際はどうだったかな…?
でも、曲の最後の部分は、ようやく今までよりは良くできたと思っています。

今回はマイクを使わなかったのですが、自分の音はちゃんと聴こえて
ストレスは全くありませんでした。お客さんにもたぶん聴こえていたはず。

浮揚さんのカッコ良さ・歌の迫力は言うまでもないのですが、
歌と共に言葉がものすごく伝わってくる。ドラマチックです。
ミュージカルソングが好きで得意としているというのはこういうことなのだな~と改めて感じました。
安達さんのピアノの天才ぶりはもちろん抜群の安定感です。

そんなお二人と共演させてもらえるのはビビリますが(笑)、
終わってから「またお願いします。」と言ってもらえて、ホッとしました。

わたしの出番は少しなので、他にできること、気がついたことをさせてもらい、
そうこともわたしの楽しいこと、好きなことなのだな~と改めて思いました。
表方も裏方も出演者もできる!?

ライブの終わり方が、わたし的には何となくスッキリしなくて、
終演のご案内が必要か?と思ったけれどそれはやめました(笑)。
照明の操作でもうちょっと良い感じに終われたのでは?とか、余計なことを思います。

今回のライブは、浮揚真奈美さんとリキタケカズヨ(木下沢きのこ)さんのコラボライブでした。
ということで、ライブのお話しは続きます~。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/705-7987a117
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫