80歳のお誕生会

 2016-10-29
一昨日、素敵なフラを踊る友人のよりちゃんのお母さまとわたしの母の
80歳の傘寿のお誕生会を開きました。
これまでの経緯はこちら 「フラと歌とヴァイオリン」 「準備いろいろ」

わたしたち娘の友人、知人などがお祝いに集まってくださり、
歌あり踊りあり、ヴァイオリンもちょっとありの素敵な会になりました。

2つのバースデーケーキにロウソクを立ててフーっと。

14900619_1099092616871994_8716366006677336167_n.jpg

手前が母とわたし。ポーズが似てる…。

2年前、フラを踊ったことのないよりちゃんのお母さまが
大好きな曲を80歳のお誕生日に踊りたいとおっしゃったのが、ことの始まりだそうです。
よりちゃんと妹さんと、そのお仲間たちに囲まれ、
柔らかい笑顔で晴れの舞をご披露くださいました。ほんとに素敵だった。
よりちゃんの踊りから感じるのと同じものを、お母さまの踊りから感じました。
(わたしの踊りを観る目は確かなもので、これはお世辞じゃないのです)

よりちゃんの歌とフラ&わたしのヴァイオリンの曲は
震える声と震える弓で聴く人を心配させたかもしれないけれど
ひとつ目の小さな花をつけることができたかなと思います。

14858792_699760000174974_1261066753_o.jpg


わたしは母に向けて、母が好きな「ゴンドラの唄」を弾きました。
命短し恋せよ乙女…って、長寿のお祝いの席にアレですが(笑)。
間違えはしなかったけれどいつもの感じで余裕無く、アップアップしながら弾きました。
母は踊りはできないので、手作りの焼き菓子と二人で作った味噌を持参しました。

来てくださった方たちが踊りや歌や朗読を披露してくださったり、
お花やお菓子やプレゼントをいただいたり。
窓の外が暗くなるまで集いました。

わたしとふたりの時とは少し違う母の姿。
母にも今まで知らないわたしの姿が見えたかもしれません。

お祝いに来てくれた友人たちは、
それぞれのお母さんに思いを馳せたり、歳を取るのが楽しみになったと言ってくれたり、
お祝いに来たはずが、こちらがたくさんのものを受け取ったと言ってくださいました。

母は娘にこんな素敵な人たちの繋がりがあることを喜んで、
歌や踊りにものすごく感激して「自分も踊りたくなった」と言い出し、
来た時よりも10歳くらい若返って、目をキラキラさせて帰って行きました。

母が元気でこうしたお祝いの会をさせてもらえること、
娘でいさせてもらえることをありがたく感じました。
今まで当たり前のように思っていて気がつかなかった。

これからは音信普通の娘に戻らないように、定期的に会いに行こうと改めて思いました。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/701-e78add84
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫