フラと歌とヴァイオリン

 2016-10-19
「ヴァイオリンに合わせて歌いながら踊りたい(^^)」
心の友よりちゃん(フラピストnono さん)から
その曲の音源と歌詞を受け取ったのはたぶん一年くらい前でした。

よりちゃんの踊るフラは生命とか魂とか希望とか祈りとか、
どんな言葉を使ってもうまく表現できないような素敵な踊りです。

わたしもそういうヴァイオリンができたら…と思っています。

今月、二人の母がちょうど80歳になったのを機にお誕生会を開くことになり、
そこでその曲をお披露目することになっています。

もらった音源はハワイの歌で、
ギターと歌と、それをふんわりと包み込むような厚く優しく切ないコーラス。
よりちゃんはメロディーを歌い、わたしがヴァイオリンでその他の部分を…という計画です。

ですが、わたしのヴァイオリン一本だけでその世界を創るのは
いろいろな意味で無理があり難しいなと思って、ギターの伴奏をつくりました。
自分が弾く音も自分でアレンジしました。
(書くと簡単だけど、相当楽譜ソフトで格闘しました。今は果てている…)

ヴァイオリンにしてもアレンジにしても、
やりたいことと自分の技量に大きな隔たりがあるのは毎度のこと。
でも望む世界がはっきりしていれば、
洗練されたやり方でなくても少しずつそれに近づいていける。

こんなことをやりたいという想いがかたちになるには時間がかかります。
わたしがこの話を聞いたのは一年前だけれど、
よりちゃんはわたしのヴァイオリンを初めて聴いた数年前から、胸にあったのだそうです。

わたしがやりたいと思う曲や催しも、構想数年のものがほとんどです。
そういうものを長い時間をかけて育てて実現させることができるのは幸せです。
自分がそれをやるのも、誰かの想いを形にするのに関わるのも、本当に嬉しい。
今も胸の中に種やら双葉やら、育ててみたいもの・生育中のものがいろいろあります。

昨日二人で初めて合わせ、細かいことも決まって、後は練習して弾けるようになるだけです。
肝心なことがこれからなのだけど…。(笑)


__ (2)

スタジオのピアノ「物を置かないでください」の上にたくさん置いてた



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/698-e22bd2f8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫