ヴァイオリンのレッスンへ

 2016-09-29
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

このところクロイツェルの新曲(笑)は毎回3ページ分あります。
その譜読みを進めて、なんとか音を出せるようにするというお題をクリアすべく
かなり憂鬱になりながら日々練習をしています。

1巡目の30番、途中♭を忘れて音を勘違いしていた部分もあったけれど(汗)、
部分的に弾き直しをさせてもらい、次回は31番へ進みます。

2巡目の6番は、1年程前の1巡目のレッスン録音があまりにも音痴でビックリして、
今度はそれよりも良くなっていなくては…とヘンなプレッシャーがあり、かなり丁寧に練習しました。
が、翌日になるとまた音痴に戻っているというのを毎日繰り返し、
今日のレッスン前にも家で弾いたらまた音痴に戻っていて…。

結局レッスンでは、多分前回よりは良くなっていたと思うけれど、
最後の1段は弾き直させてもらいました。
さっき録音を聴いてみたら、最初があまりにも悪かったのでそれよりは良いみたい。
でも、まだまだ全然ですね…。

今日はしばらくぶりに白鳥の湖のグラン・アダージョをみていただきました。
「聴いている人にちゃんと届くように(^^)」
「しゃべったものを自分で回収してしまっている感じがあります(^^)」
ん~、サントリーホールへ行って思うことがあったのに、思うだけで音にできません。

そろそろ終わりにということで、次回仕上げの予定です。
それにはクロイツェル31番を弾けるようにしていかないと、時間切れになっちゃいます。

譜読みは大変だけれど、どんな曲か分かるところまで行くと少し気が晴れるのです。
でも曲が分かっても音程が合っていないと、まったく面白くない曲に聴こえます。
自分の未熟さが練習曲をつまらない曲にしているのですよ。

面白くなるところまで頑張ろう。


IMG_4800 (768x1024)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/694-b7df9a30
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫