ガット弦体験中

 2011-09-30
新しいヴァイオリン、今まで使っていた弦とは違うメーカーのものが張ってあるのは気が付いていましたが、
それが「ガット弦」だということを、先日のレッスンで先生に言われて初めて知りました!

合わせたはずなのにどうもチューニングが狂うな?ペグが緩いのかな?なんて思っていたのですが、
それはガット弦のせいだったようです。
ガット弦はとても良い音がする弦だということですが、湿度で伸び縮みするらしく、
それですぐにチューニングが狂ってしまうようです。

このヴァイオリンが我が家に来たときには、まだちょっと暑くて、
練習を始めると同時にエアコンをつけていたし、そういえば、時々雨の日もありました。
ここ数日は晴れて気持ちの良い気候で、夜は涼しく、もうエアコンも使いません。
で、チューニングはそれほど狂わなくなっています。
う~ん、なるほど…。

ガット弦の音が良いというのは、今は実感できていません。
ヴァイオリンは、わたしが弾いても時々は良い音を出すこともありますが、
それがガット弦の良い音なのか?楽器自体の良い音なのか?
たぶんどちらも、なのだと思います。
今のヴァイオリンに、これまでと同じ弦を張ってみたら、違いが良く分かるのでしょうね。

でも新しい弦を買っていないし、せっかくガット弦が張ってあるのだから、
しばらくこのままで良い音が出る弾き方を覚えたい気がしています。
駒寄りで、圧力を少なめにして弾かないと、良い音が出ないそうですが…。

昨日は「大丈夫なんじゃないかな?」と思ったのだけど、
今日は消音機を付けて、またモヤモヤ…。とってもヘタになっている気がする
楽器も弦も今までと違うのだから、うまくいかなくて普通、と思うことにします。
こんなことを繰り返しながらでも、少しづつ上達していらたいいな…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/69-ca58fff9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫