妄想矢印

 2016-08-25
「わたしらしさ」というのが何なのか、自分では良く分からないけれど、
「こんなわたしでいたい」というのはあります。
グジグジとすることはあっても、前向きに妄想に向かって進んでいたい。
実際にそうならなかったとしてもいいんです。何かに向かう矢印が自分から出ているのが好き。

夏場の裏方仕事にかまけて、目の前のことをただこなして過ごす毎日が続いていると、
なんだかわたし、生きていないような気がしてきます。
目の前のことに対して「もっとこうしたい」というのはあるけれど、それだけではダメなんです。
何か、遠く届かないようなものに向かって、大きな矢印を伸ばしていたい。

日常に追われるうちに、いろいろなことが無意味に思えてウツウツして…。
自分のありのままをここに書きたいと思っているはずが、
無気力やイライラや体調についてなど、書かないこともたくさんあって、
そんな発信をする意味があるのだろうか…?と思ったり。

心と身体が疲れているんだろうな~と思って、
すごくたくさん寝て、ヴァイオリンを練習しないことに罪悪感を持たない練習をして(笑)、
息子くんが部活の合宿に行った隙に、彼が嫌いな食材を料理して食べたりしています。

少し妄想矢印が出る準備ができたかな~と思ったところ、
今日、郵便受けにこんなものが入っていました。


__ (8)

1ヶ月以上前、広いホールで弾くのを妄想するために客席の写真はないかと探している時、
サントリーホールでバックステージツアーがあることを知り、申し込んだのでした。(^^)
当たらないかもな~と思って(悲観的、笑)、忘れていました。

最近はオーケストラの演奏会の一部分として、
オケの前にちょっとスペースをつくってバレエを踊って見せるという場合もあり、
行こうと思えば知り合いに頼んで潜入することはできそうだけれど、
仕事がらみではなく、純粋にわたし個人としてホールの上に立って客席を見てみたいと思ったのでした。
舞台の裏側に関しては、どこもそれほど変わらないだろうから、あまり興味ないけど(笑)。


あ~、ちょっと我に返った気分です。
先月のわたし、これを申し込んでいてくれてありがとう。
なんだか元気が出て、矢印が伸びてきたかも。



関連記事
コメント
みほさん、こんにちは!
残暑お見舞い申し上げます。

しかし、サントリーホールとは大きく出ましたね(笑)。

私は、「公民館にしようか、スタジオ借りようか、お客さんどうやって集めようか。10人も入れば十分か」などとチマチマした計画を立てようとしていて、なんかスケールが小さいなぁと反省しました。
【2016/08/26 15:38】 | クレモナ親父 #- | [edit]
クレモナ親父さん、コメントありがとうございます。
夜中に大きな声で鳴くセミが(笑)。まだまだ夏ですね。

サントリーホールで弾いてみたいというのではないんですよ(笑)。
客席に座るのと、舞台の上にいるのとでは、感じることが違ったりするのかな?とか、
クレーメルやパールマンが見た客席の景色を見てみたいな~と思ったのです。
客席カラッポだけど、無料だし(笑)。

実際に自分が計画する会は
きっとクレモナ親父さんのとあまり変わらないです。
でも、そういうところへ行ってみたわたしとそうでないわたしは何か少し違うかな?と。

まあ、それよりも練習した方が良いのかもしれませんけど(笑)。


【2016/08/27 00:59】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/685-f5a41b9c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫