「わたしはどんな気持ちでヴァイオリンを弾きたいのか」

 2016-06-06
ヴァイオリンの構え方について気になると浮上するのが、
「わたしはどんな気持ちでヴァイオリンを弾きたいのか」ということです。

それについて自分なりの答えを持っていたら、
構え方の細部をあれこれ気にしなくても、それにふさわしいかたちや音になるはず。
それを忘れてしまっているから、ヘンなかたちになっているんです。

「喜び」や「幸せ」。
ヴァイオリンで音を出している時に、いつでも感じていたいこと。
つまらない曲やつまらない音というのは無い。
どの音でも、どんな曲でも、ヴァイオリンで音を出すのはわたしにとって嬉しいことです。

上手くいかないな~とか、音程が合っていないな~と思っていると、
とってもつまらない曲になってしまうし、練習にも気が乗らなくなってしまいます。
上手くできたように思ったところや、良い音が出たという「喜びポイント」をすかさず拾って、
それをご褒美に、なるべく多くそうなるように練習すれば楽しいんです。

この前のレッスンで先生が言った「美味しそうな音を出す」というのを思いながら弾きます。
美味しそうな音、美味しそうな音、次も、その次も、ずーっとそれを出し続ける。
この言葉がそんなに自分にヒットするなんて意外です。(笑)

なかなか説明するのが難しいのですが、
わたし独自の「身体が喜びを感じるポジション」というのがあります。
以前、アーチェリーをやっていた時にみつけました。

そのポジションにいる時、嬉しさ、わたしらしさ、自分の確かさのようなものを感じます。
(↑少し妄想も入っているかもしれません、笑)
多分、背中や腹筋や胸郭、背骨の並べ方に関連している部分です。
とても嬉しい幸せな気持になる。音楽をする準備が整うような感じです。

こんなに大事なことなのに、すっかり忘れていましたよ!
思い出すと、これを忘れていたなんてビックリします。
クロイツェル25番はぜんぜん上手くいっていないけれど、気持ちだけ明るくなりました。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/665-ca831aff
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫