楽器の構え方が(グジグジ…)

 2016-06-03
出掛けたり普段と違うことをする日もあるけれど、
ヴァイオリンの練習は毎日変わらず、地味~なものです。

今まで何度も楽器の構え方の見直しをしてきたけれど、
気がつくとなんだか身体が気持ち悪い感じがする持ち方に戻っています。
左の肩の調子によって変わってきてしまうみたい。

戻ってくるならその方が自然な位置なの?と思って、
本格的にそうするには…と肩当ての位置をいつもよりずらしてヴァイオリンに付けてみました。

「・・・・・・・」
音が全然良くない…。響きが減って寂しい感じになってしまいます…。
前から分かっていたつもりだけど、肩当てをずらしたくらいでこんなに変わるんだ…。
そうだった、そうだった。だから今の位置にしたんだった。(笑)

そうやって決めたかたちは、それほど身体に無理がかかる訳ではないけれど、
ちょっと意識するのを忘れると崩れてきてしまうのです。
ヴァイオリンの構え方は人それぞれで、
バレエのように「誰もがそうであるべきかたち」という厳密なものではありません。
(かたちではなくて、良い音が出るようにという厳密さ、かな?)
自分で決めたかたちだから、バレエのように他の人に指摘してもらうことはできません。

楽器の角度はこうで、左肩はこんな感じで、肘の位置ははG線ではこのくらい、E線ではこのくらい、
右の肩は動かすのかそうでもないのか、弓を持つ指はどうすろのか…。

個別に考えることはわたしには不可能に思えます…。
でも、いくつかの動きをセットにして、ニュアンスを付け足して覚えるのならなんとかできます。
ニュアンスというのは、上手く表現できないけれど動きに付随する感情みたいなものです。
その感情を思い出せば身体が自然とそうなる…というふうにしたい。

そういう状態で弾いてみたら、音も少し良くなります。(いつもできるようになってはいません)
ん~、本当に良いのかどうかは自信がないけれど、音にもニュアンスが加わります。
当然といえば当然なのだけど。(笑)

そんな、自分だけにしか分からないようなことをグジグジと試したりしています。
楽譜を追って音を出し始めると、
かたちがどうなっているのかを考える余裕が無くなってしまうのが問題です。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/664-a7ae873f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫