プリン遠足へ

 2016-06-01
プリン遠足(勝手に命名)に行ってきました!

__ (768x1024)


夏前までに食べたいものは?と尋ねられて「プリンパフェ!」と答えたわたし。
高校時代のご褒美的な存在だったそれを急に思い出しました。
でもそのお店はもう無くなって、美味しそうなプリンパフェがどこにあるのか分からない…。

いつも相棒くんの言葉を伝えてくれるなおちんが、
「プリン・ア・ラ・モードはどう?良いお店があるよ。」とプリン遠足を提案してくれました。
数年に渡ってのおつきあいなので一杯になったポイントカードが何枚もあり、
丁度、それを利用して遠足セッションをお願いしようと思っていたところでした。
(※現在、ポイントサービスは終了しています)

遠足セッションというのは湘南・鎌倉の地元を愛する彼女が、
その地でゲストの望むオーダーメイドの体験をさせてくれるものです。
わたしはマーロウ秋谷本店でプリン・ア・ラ・モードを食べる、ということ以外は全部お任せ。
こだわりの食材やお店に目がないこの方にお任せしていれば、間違いない。
これについては神さま以上の信頼を寄せています。

待ち合わせ場所で愛車に乗せてもらい、
わたしに合わせ「こんなところにこんなお店が?!」的なものが好きだろうと提案された中から、
まずは野菜のランチを。

__ 2 (2)

数時間後にプリンを食べると分かっていても、この掻き揚げを無視することができなくて。(笑)
薄めの味付けが野菜そのものの美味しさを引き立てていて、じんわり美味しいです。
濃いタレやしょうゆやソースをかけたようなヴァイオリンではなくて、
こういう味付けのヴァイオリンをやるのだと、食べながら先日のレッスンの話を聞いてもらった。

食後に野菜の直売所(でも、とっても立派な道の駅みたいなところ)を案内してもらいました。
季節の花や野菜がたーくさん並んでいて、トマトだけでも15種類くらいあって、
美味しい野菜に詳しいなおちんが、それぞれについて解説してくれます。
その中から2種類のトマトとサニーレタスを買いました。

次は、漁港で朝獲れた魚をフライにしているところがあるらしいとのことで、腰越漁港へ。
なおちんも、前の道はしょっちゅう通るけれど来たのは初めてとのこと。
江ノ島が間近に見える場所で、シラスを釜揚げにして網に広げて干していました。

__ 1 (2)   __ 1   13324001_984472298339282_388385439_o.jpg  

わたしがヴァイオリンを好きなのと同じように写真を撮るのが好きななおちん、
その姿を撮ってみたいというのがわたしの隠しミッションです。
こうしてお互いを写していながら、ツーショットの写真は撮らず(笑)。

__ 2 

腰越漁協販売所「朝どれフライ」
魚の種類も値段もその時によって変わるようです。
アジフライ(中)250円を2枚とイワシの天ぷら(小・10本)250円を買いました。
アジが小さいからと1枚オマケしてくれました!
ご飯食べたばかりだからお土産にと思ったけれど、
車に戻ってイワシの天ぷらをふたりでハフハフしながら1本味見。揚げたて、美味しいです。

最後の目的地、横須賀市のマーロウ秋谷本店へ。
車を降りたとたん、甘~い香りがしました。

__ 3

最初の写真のお目当てのプリン・ア・ラ・モード、
先日の秩父のお宿で食べた懐石料理のように、どこを食べてもひとつひとつ手抜きのない味。
この程度で良いだろう…と感じるものはひとつもないです。

ヴァイオリンもこうやって弾くものなのだろうな。ひとつひとつの音を丁寧に。
今やっているクロイツェル2番で練習しているみたいに。

プリンはなんとなく嬉しくなる幸せの味。どうしてなのか説明がつかないけれど。(笑)
フルーツもケーキもお皿に残ったソースもキレイに食べて、最後は一口残しておいたプリンで終わります。
そうすると、ずーとプリンの嬉しい余韻が続くから。

海が見える窓際の席でゆったりとしていたら、あっという間に夕方でした。
お腹もお土産もいっぱい。(息子と食べるためにプリンも2つ買った)
海沿いの道を走りながら、同じ海岸なのに場所によって雰囲気が全く違うのを感じたり、
初めての場所にあちこち連れて行ってもらったり、充実した時間でした。

横浜から横須賀まで、守備範囲を目一杯使ってのおもてなし本当にありがとうございました。
電車に乗って野菜を持って帰るのに体裁が悪くないように、きれいな紙袋を用意してくれていました。
わたしを絶対楽しませるのだ、そして一緒に楽しむのだ、という意気込みがとっても嬉しく、
それを思い切り受け止め楽しむことができました!

5月はいろいろな場所でいろいろな人と新しい体験がたくさんできました。
一人でよりも誰かと一緒に、今まで通りではなく新しいことに出会うのが好きです。
一緒に面白がって楽しんで、最高の一日になりました。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/663-9304e385
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫