ウクレレちゃんと相棒くん

 2016-05-30
前の記事 「ヒントラボTV」におじゃましました の続きです。

ヒントラボのいとう明美さんとおしゃべりしていると、
わたしがヴァイオリンをやっているせいもあるのか、必ずご自身のウクレレの話をしてくれます。
ハワイで運命的な出会いをした楽器だそうですが、今はしまったまま弾いていない…。

それが、今回の企画について何度か話しているうちに
「みほさんヴァイオリン持ってきてください!わたしもウクレレ持っていきます!」と言われました。

ヒントラボ3

明美さんのウクレレは亀の模様の細工が入っていて、小さくてピカピカで、
ポロ~ン♪と響く音は、心がホッとする癒し系です。

今まで何度も「弾いていないの…」と言っていた大切なウクレレを
こうして久しぶりに外へ連れ出してくれて、ウクレレはきっと嬉しかったに違いありません。
「楽器は弾いてもらえることが一番嬉しい。上手下手は関係ない。」
相棒のヴァイオリンからの言葉を聞かせてもらうと、いつもそう言うから。

明美さんもウクレレを抱いて泣いたことがあるそうです。
「一緒にいてくれてありがとう」という気持ちだったのだそうです。
関わりの深い大切な楽器を、見せて、触らせてくださってありがとうございます。
明美さんとウクレレの関係がまた始まったことが嬉しいです。


せっかくの機会なので、明美さんにわたしの相棒くんを弾いてもらいました。
わたしの不親切な説明にもかかわらず、なんだかとってもさまになっています!

7ヒントラボ

生まれて初めてヴァイオリンの音を出す場面に立ち会えるのは嬉しいです。
胸に響く音の振動にビックリしたそうで、「病み付きになりそう!」と喜んでくれました。
わたしもほんの数年前はこんな感じだったのだなぁ。

楽器や音楽のある生活はきっと豊かなのだろうな。
ヴァイオリンを練習することが当たり前になっているので、それに気が付かないけれど。

後から一緒に収録されたものを見たのですが、
わたしが弾くのを見た明美さんは、
「ナマの音とは全然違う!本物とは全然響きが違う!」と言ってくれました。
そんなふうに言ってもらえて嬉しいです。音の響きを感じてもらえて。

さて、肝心の「ぐるぐる思考とどう付き合うか?」は
「ぐるぐるに結論は必要なし!好きだから一生やってマス♪」と言う結論になりました。(笑)

これからもここにグルグル・ドンヨリしたことを書くかもしれませんが、
どうやら好きでやってることのようなので、どうかナマ温かく見守っていてください。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/662-0f66c368
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫