アンサンブルとご飯の会

 2016-05-22
アイリッシュバーでのアンサンブル&ご飯の会がありました。
主に大人の初心者でアンサンブルを楽しみたい人たちが、グループを作って参加する会です。
何回か単発の練習会などに参加するうちに顔見知りの方ができて、
わたしもほんの時々ですが、仲間に入れてもらうようになりました。

演奏曲は自由に決めて良かったけれど、
せっかく場所がアイリッシュバーなので「ロンドンデリーの歌」(簡単バージョン)と
「サリーガーデン」(Down by the Salley Gardens)をヴァイオリン3本で演奏しました。

お店は貸切で仲間うちでの演奏だし舞台の上でもないのに、やっぱり緊張します。
足や弓が震えるほどにはならなかったけれど。
お酒飲んで弾いたらそうならないのかな?でもわたし飲めないんです…。

簡単な曲で、楽譜も見ているのに間違えてしまいました。
ん~、楽譜を追う集中力がないのかな…?真剣さが足りないのか?
レッスンでやっているクロイツェルはちゃんと楽譜を追って弾くのに。
中途半端に暗譜しているからこうなっちゃうのだろうな。
でも誰かと音を合わせるのは嬉しいですね。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、電子ピアノの、
経験も年齢もさまざまな人が20人くらい集まりました。
(今回はチェロの方が多く、7名もいました!)
始めて数年しか経っていない人でとても上手な人がいたり、
音の大きな人、小さな人、きれいな音で弾く人。
いつもながら自分の音がどんな感じなのか、自分では分かりません。
でも「ヴィブラートかかっていたよ~」と言ってもらえました。

わたしは初見で弾くセッションなどは楽譜に苦手意識があって逃げ腰で消極的。
アンサンブルの会なので、色々な曲を合わせてみたいという積極的な人が多く、
その中では珍しい人かもしれません。

自分のヴァイオリンの取り組み方は、
「心の中で感じることを思い通りの音で表現したい」というもののようなので、
目指せ!ピン芸人路線、なのですね、きっと。

そんなふうに周りの人たちを眺めていたけれど、
10月のホールでの発表会で「一緒にやりましょう」とお誘いを受けました。
練習の日程や自分に弾けるのかな~?と思って少し迷っているけれど、
せっかく声を掛けてもらったので、参加させてもらうかもしれません。
大丈夫か?できるのか?(笑)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/658-c31c61d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫