カラオケボックスでアンサンブル

 2016-05-18
舞台の裏方の仕事は一段落していますが、その他の謎の活動がいろいろあって(笑)、
打ち合わせをしたり場所の下見に行ったりしています。

今週末には、アイリッシュバーでアンサンブルの発表&ご飯の会があり、
昨年知り合った方と、今回初めましての方と、わたしの3人で参加することになっています。
先日、集まってカラオケボックスで練習しました。

普段は家で普通に弾いて、夜は消音機を付けて練習しているので
カラオケボックスでヴァイオリンの練習をしたことがなく、
カラオケにも全く行かないので、わたしだけオドオドと挙動不審気味(笑)。

初めましての方は情熱的な良く響く音で堂々とした弾き方で、
ビックリしてしまったわたしは、またもや小動物系に戻ってしまったかも。

あんなふうに身体全部を使って弾いたら、そういう音になるのだなぁ…。
大型トラックとか大型バスとか、そんな感じ。大柄な音、でも決して雑ではないのです。

自分にはまた違う良さがきっとあるのだと思いたいけれど、
ちょっとしたことですぐ動揺して、できていたこともできなくなっちゃうし、
やはり線の細い内向きな音なのかなぁ…と、ちょっと残念な気持ちになります。

2曲のうち1つはわたしがやりたいと言って決めた曲で、
以前ちょっと書いたけれど、youtube で見つけた演奏から楽譜を起こしたものです。
実際に弾いてみてそれが音になったことはとっても嬉しいです。

メロディーのフレーズが繋がるようにフィンガリングを考えたけれど、
実際に合わせてみたら、ソロで弾くのではないし音量のバランスや音程のことを考えたら
1stポジションで弾いた方が良いなぁと考え直した部分があります。
(やりたいように弾くには自分の技量が足りません…)

1stヴァイオリンと2ndヴァイオリンを交代で弾くことにしていますが、
わたしはメロディーを弾くと落ち着かず、2ndにまわった時の方が安心して良い音が出ます。
もう、なんかねー、矢面に立つの苦手というか、裏方根性丸出しというか…。

そんなことを考えながら合わせていたのだけど、
後から録音を聴いたら、とっても楽しそうに練習しています?!
ICレコーダーの位置のせいかもしれないけれど、わたしの音もそんなに小さくはないし。

気楽に演奏を楽しむための会なので、
心を合わせて、練習の時のようなノリで弾けばいいんだな、きっと。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/657-56930bd9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫