燃えるような情熱でなくても

 2016-05-03
ヴァイオリン、実は好きじゃないのでは?と思うことが良くあります。
練習しながらイヤだなぁとか、モオーッ!とか、いろいろ思うのです。
思ったようにできないことばかりで、家での練習でもため息していることが多いし。

先日、デジカメの動画機能をテストする必要があって、
どうせなら練習を写そうと、何日か録画をしてみたことがありました。
録画可能時間のチェックのために写していたので、毎回全部は見なかったけれど
練習を続ける自分の姿を見たら、ヴァイオリンが嫌いなわけがないと思えた。

誰に何を言われるでもなく、ひとりで淡々と弾いていて、
何度も同じところを繰り返したり、時々止まってジッと楽譜を見たり。
かなり長い間、休憩も入れずに地道なことを繰り返しています。

ヴァイオリンを弾く人なら当たり前に誰でもやっていることだけど、
自分を外側から見たら、できているいないは別として、良くやっているなと思った。
ゴメンネ、自分のことヴァイオリン好きじゃないかもなんて疑って。

もちろん、現実にはかなりイヤになりながら練習している時もあって、
毎日、「楽しいな~、ヴァイオリン好きだな~」と思ってはいません。
でも、わたしを動かす何かがあるのは確かなことです。
情熱というほどすごいものではないかもしれないけれど、何かがわたしを動かしている。
しかも、それ、結構しつこいんです。(笑)

ゴールデンウイークの前半の仕事は終わり、あとは今度の週末です。
どうしたわけか仕事の予定を全く考慮しないでレッスンを通常通り予約してしまっていました。
なんとか間に合うように今のうちに練習しておかないと。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/653-78f84846
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫