忍耐が要る訓練です…

 2016-04-28
今日はヴァイオリンのレッスンへ。

2巡目のクロイツェル2番と21番。
先に弾いた21番は、休符から始まるために何度練習してもリズム音痴になっていて、
レッスンでもそうなってしまい、前半だけ弾きなおさせてもらいました…。

で、クロイツェル2番なのですが…、
「良い音程と音色で、うまく響くツボで弾くように(^^)」と言われ、始まりました。
弾いては止まり、弾いては止まりを繰り返しながら
良い音が出るポイントで弾くこと、上げ弓と下げ弓が同じであること、
音を繋げること、力は入れ過ぎず緩めることを、何度も細かく指摘してもらいました。

自分では自覚が無く、先生に言われなければ気がつかない箇所もたくさんありました。
ん~、自分が今まで出していた音はなんだったのだ?
一瞬、得意の自虐モードになり、レッスンの途中でため息が出てしまいました。
先生スミマセン。
今までがダメだったのではなく、今よりもっと思うように弾けるための提案なのですよね。

これだけ細かく音を止めて指摘をするのは、教える方も相当大変なことです。
それも怒ったりせずに丁寧に冷静に、でも手を緩めずに。
教える側も教わる側も疲れたと思います…。

均質に均一に音を出すだけで余計なことを一切しない。
この「だけ」というのがものすごく難しいことなのですよ。
ああ、またため息出そう…。

先月うまく音が出なくて落ち込んだ後から、
家では開放弦の上で弓だけ動かすような練習もまた少ししているけれど、
それと同じことを曲の中でやる練習と思えば良いのですよね。

ヴァイオリンの練習は、相当忍耐が要る訓練です。
ヴァイオリンに限らずそういう訓練が必要なものはたくさんあるでしょうけど。
自分の好きなメロディーを自分が思う美しい音で弾くためには必要なこと。
ちょうどわたしができるようになりたいと思っていたことだからやらなくちゃ。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/652-62ce231e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫