写真うつり

 2016-03-15
わたしのプロフィール写真は、昨年の12月に教会で弾いた時のものです。
写真を見ると上手な人っぽく写っていて、自分で驚きます。
(でも気に入っています。)

実際の演奏の方は、写真から受ける印象とはかなり違うので…(汗)、
一時はこの写真を取り下げようかとも考えました。
でも、自分の実体に合わせて取り下げてしまうよりも、
この写真につりあうような演奏ができるようになればいいんだ…と思うことにしました。

写真、CGなわけじゃないしね。
わたしがこんなふうに見える瞬間があったというのは事実なんだから、いいかな?

以前はヴァイオリンの持ち方がしっくりこなくて、弾いている写真が嫌いでした。
構え方をあーでもない、こーでもない、と何度も見直して、
昨年の夏にもまた見直して、ようやく自分に合ったかたちが見つかって、
気持ちも身体もすっきりしました。

本番などで撮ってもらった写真を先生に見てもらうことが多いです。
「きちんと弾ける人の格好になっています。弓も左手のかたちも大丈夫です。(^^)」
と、いつもチェックをしてくださいます。
レッスンの時に自分がどんな顔して弾いているのかは分からないけれど、
それとは少し違っているかもしれません。

12755210_826643594129618_1585784620_o.jpg  目はつぶっていないはず、伏目です。

先日のライブの写真、これとヴォーカルの浮揚さんと写っているのを見ていただいたら、
「おお~!いいですね。すごくそれっぽい。それっぽいと言うのもなんですが…(^^)」
「かたちはすごくちゃんとしています(^^)」と言ってくださいました。

普段は写真うつりが良いほうではないと思っています。
カメラに向かって笑顔をつくろうとすると、緊張して変顔になる率が高いです。
その点、誰かの前でヴァイオリンを弾く時は、
緊張して変な音になる率は高くなるけれど、姿かたちは大丈夫になるみたい。

見た目が大丈夫ならエアヴァイオリニストにはなれるかも。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/639-597c736f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫