挽回はできない

 2016-02-26
家で、明日お手伝いさせてもらうライブの練習をしました。

ジャケット着て、繋がっていないマイクをヴァイオリンにカタチだけでもつけて。
(マイクを買ったのです。使えるかどうかは明日判明します、笑)
服やマイクのコードなどは今時点では全然気になりません。

先日のリハーサルの音を最初からかけて、
自分の弾く間奏まで待っているのも練習します。(ここが緊張マックスになるから…)
前回のライブの時は他にもう1曲待ったので、
ヴァイオリンを持っている左手が汗だらけになりました。

あの時、紫色のライトの中で黒いピアノを見ながら、
緊張のあまり「助けて下さい!」という気持ちになったけれど、
今日は歌を聞きながら待っていたら幸せな気持ちになった。

明日、自分がどんなふうになるかは分からないけれど、
またこの曲を弾けることを嬉しく思っています。

でね、メインの間奏は8小節の長さなのです。
ちょっと上手くいかなかったとしても、挽回できる間もなくあっという間に終わってしまうな…。

と考えてから…、
いやいや、過ぎた演奏を挽回なんてできないのだ、と思った。
過ぎた時間をさかのぼることはできないし、やり直しをさせてもらうわけにもいきません。
長い曲だったらその後調子が上がって、自分は挽回できたつもりになることがあるかもしれないけれど、
それは弾く人の自己満足なのかもしれません。

明日は2ステージです。
1回目が上手くできなくても、2回目がある…というのはダメですよ。

1ステージ目のアンコール曲に立候補して参加させてもらうことになっています。
それが実はとても楽しみだったりする…。ムフフ…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/632-1bb2ed54
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫