耳コピを楽譜に

 2016-02-18
ヴァイオリンを始めてから数年経っていても、
楽譜を見ることに対しての苦手意識はなかなかなくなりません。
耳コピが得意というわけじゃないけれど、そちらの方が精神的ハードルが低いです。

先日録音した「椰子の実」も、頭の中に「この高さの音で」というのがあり、
それに従って弾いています。
でも、それだけだと間違えてしまうし弓順などの計画が立てられないので、
苦手といいつつやっぱり楽譜があった方が便利です。
有名な曲なので楽譜はありそうだったけれど、弾きたい調のものを探すのが難しく、
結局、自分で作りました。

昨年、iPhone の「iWriteMusic-Free」という無料アプリを知りました。
これが使ってみると便利~、というか、面白い。
デジタル原始人のわたしでもできます。ゲームみたい。
音を聴きながら楽譜を作ることができるので、耳コピ派のわたしにはありがたいです。
教会で弾いた「The First Noel」の楽譜も、これで自分の弾きたい通りの楽譜を作りました。

昔、息子くんのDS「大合奏!バンドブラザーズ」を借りて、
これと同じような方法で「カルメン前奏曲」のいろんなパートを入れて遊んだのを思い出します。
(全部、耳コピで、笑)
ただね、シンバルで「ジャン、ジャーーン!!」がやりたかったのですよ。

「iWriteMusic-Free」で作った楽譜をパソコンに転送して印刷すると
大きくグレーで文字が入りますが、コピーをすると消えます。
たぶん有料版では入らないのでしょう。

__ (3) (600x800)  「椰子の実」じゃないけど…

このアプリのおかげでやりたいこと&できることの幅がグーッと広がりました。
わたしにとって「耳コピを楽譜に」は「妄想を現実に」に直結です!

耳コピと言っても音を探しながらの作業なのでサクサクとはできませんが、
紙に書いて「これで合ってるのか?」と迷っているより、すぐに再生して確かめられるので便利です。



関連記事
コメント
みほさん、おはようございます!
わたしは耳コピの方が精神的ハードルが高いので、みほさんがうらやましいです。音を聞いても音の高さがさっぱりわかりませんでした。先日のソルフェージュのレッスンで初めて聴音をやっていただきましたが8小節の2声旋律のうちの上声部はほぼ全滅、下声部は50%下回る感じ。楽譜が読めるといっても音名やピアノ鍵盤イメージが浮かぶだけでさっぱり曲のイメージがわかない(音が鳴らない)ので、わたしの方は楽譜(画像やPDF)から音楽を再生できる方のソフトをよく使ってます。(KAWAIスコアメーカーです。)
【2016/02/28 08:59】 | mylifewithviolin #- | [edit]
mylifewithviolin さん♪

音を聞いたとき、楽譜を見たとき、の脳ミソの使い方は
ヒトそれぞれなのだなぁ~と感じますね~。
でも楽譜を見て頭の中で音がなることがないのはmylifewithviolin さんと同じです。

聴いた高さの音をヴァイオリンで出すとか、誰かの歌にハモる…というのは、
少しだけなら何とかできると思いますが、
それがシなのかソなのか…ということは分からないのです。
押さえた指を良く見て又はチューニングメーターを見て判明する感じです。

楽譜と聴いた音の関連性がいつになってもあまり無く…。
楽譜を見ないと弾けない曲もありますが、一体なにを見て弾いているのか、
自分では良く分かりません(笑)
【2016/02/28 18:28】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/629-62f49343
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫