昨日はレッスンでした

 2016-01-29
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

「チョコマカした感じでなく堂々と…というのはチューニングの時から(^^)」
先回そう言われたことを思い出し、チューニングを済ませます。

チョコマカせずに…というのは、弓の動きによるところが大きいのかなと思います。
わたしは弓を返す時に「最後がちょっと日寄った感じになりますね(^^)」とのこと。
頭の中で「音の最後をはっきりと言い切る」と思って弾いたら少し良かったようです。

「愛の挨拶」は毎回、先生に指摘してもらうことで発見があります!
自分で何だか変だな?やりにくいな?と思っていることが、
言われたようにやると「そうです!そうやりたかったんです!!」と思います。(笑)

好きな演奏はあっても、自分の楽譜でそれと同じように弾いて良いのか分かりません。
去年ずーっとバッハで、楽譜通りに(=楽譜にないことはやらない)という練習をしていたので、
やって良いこととやっちゃダメなことの境界が分からず、
たくさん書いてある記号を個別に見ていて、ギクシャクしていました。

例えば、f(フォルテ)と書いてある場所から突然フォルテになるなんてありえないけれど、
その前がp(ピアノ)だから大きくしちゃいけないんじゃないか?みたいなこと。
音楽を体で感じる身としては生理的に苦しいのに、頭で考えて従っていました。

先生がそういうわたしの勝手な禁止事項を解除してくれました(笑)。
クラシックの約束事の中で自由に弾くということは、わたしには加減が全く分からない。

「これまではコントロールするお話しばかりしてきたので(^^)」
「いきなり自由にではどうしたら良いか分からないので、やるべきエリアを決めてから広げて(^^)」
「音楽的とは何なのか?ロボットと人は何が違うのか?ということにも繋がります(^^)」
できていないこと山盛りでも、こういうわたしの大好きな部分も少しずつ教えてもらえます。

クロイツェルは9番と2巡目の15番が終わり、次へ進みます。
レッスンが終わって外へ出たら少し日が長くなったようで明るかった。
また寒くなってしまったけれど、春に向かっているのですね。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/622-8fd4c8c8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫