皆のもの、わたしの演奏を聴くが良い

 2016-01-14
今日は今年最初のヴァイオリンのレッスンでした。
2010年の1月からヴァイオリンを始めたので、
数えてみたら丸6年が経ち、これから7年目がスタートします。

これまで長期のお休みはありませんでしたが、途中の数年は肩や手の不調があって、
とりあえずヴァイオリンの音を出せるだけ…という現状維持の時期もあったので
それなりに、出来る範囲で進んできたという6年です。

今日からは小学校を卒業して中学生(笑)。
良い機会なので、先生に自分の良いところを教えていただきたいとお願いしました。
できないことは数え上げればきりがなく、山ほど思いつきます。
だから、厚かましいとは思いながら自分では良く分からない良いところを知りたいと。

もし大して良いところがなくても、先生なら何か見つけてくださるに違いない。
「他の人よりもかなり良い音で弾けていると思います(^^)」そう言ってくださいました。
もちろんいつもというわけではないのは自分で分かっていますが、嬉しいです。
変なお願いしてスミマセン。でも聞いてみて良かった。
これでまたしばらくは頑張れます!

「今後の課題としては…、」
そうですよね。良いところのお話だけではね。
「上手い人のようにバリバリ弾くには曲の経験量が必要です(^^)」
「今後の課題としては、技術の確実性と押し出しの強さですね(^^)」

押しの強い演奏については、
先日の教会での演奏の録音を聴いていただいた時にも指摘してもらい、
聴きに来た母にも「もっと堂々と弾いたら良いのに、控えめで遠慮っぽい」と言われています。
「ソリスト的な演奏を求めるとすればそこは必要だと思います(^^)」

そうなんです。
以前からも「小動物のようではなく、大柄な人になったつもりで(^^)」とも言われています。
ちょこまか、セコセコしている弾き方だから。
「良い意味で厚かましく、わたしがわたしが!と弾いた方がヴァイオリンらしくなります(^^)」とも。

と言われているそばから、
「ではクロイツェル8番から(^^)」と言われて楽譜を開いたら
それだけで気持ちが引けて、「狭い部屋に入っちゃったような気持ちになります。」とわたし。
音を出す前にそういうところに行ってしまうからそういう音が出てしまう。
ただ単に、気構えの問題なのですが…。

「聞いて聞いて!」とか、「聞け~!」という感じで弾くのだそうです。
そうか…。ジャイアンみたいな感じ??
わたしはつい遠慮っぽくなってしまうので、
「皆のもの、わたしの演奏を聴くが良い。」くらいの上から目線の偉そうな態度にする?
いやいやいや…そんな…。

いえ、そんなこと言ってる場合じゃない。
「これは今年のうちに何とかしたいです(^^)」と先生に言われたのでした。
パーフェクトな音程とか超絶技巧ができるようにというのとは違って、
気持ち次第でその気になればすぐにでもできることなんじゃない?

…ハイ。検討させていただきます。





関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/617-bf41979a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫