パートナーは誰なのか?

 2015-12-18
この前、相棒くんからの話について書いた自分の記事を、改めて読み返しました。

「本当の幸せはとは?本当のパートナーは誰なのか?」という言葉に、
その時のわたしは、「本当のパートナーは神さまなんだけどな。」と書いていました。

わたしのパートナーは相棒のヴァイオリンだと思ったり、神さまだと思ったりでしたが、
約1年経って、本当のパートナーは自分自身なのだと今は思います。

あることがキッカケで、
「自分を大切に、他の人に接するのと同じように扱う」という練習を数ヶ月前からしています。
始めてみたら、今までわたしは大切に扱うどころか、
シンデレラに対する継母並みの対応たったと気が付きました。

疲れていても「もっとやれ!」、寒くても「我慢しろ!」という調子で、
「そうだね、お疲れさま。」とか「暖かくしてね。」とか、
他の人に普通に言う言葉を自分に掛けたことはほとんどないのです。

その無意識の反応に気がついて、ビックリしたと同時に可笑しくなりました。
まったくね~。可笑しいを通り越して呆れました。
「自分を大切にする」ということを分かっていたつもりで、実は全然でした。

もの心ついてからずーっと、この自分から離れたことはありません。
なんだか今までゴメンネ、という気持ちになりました。

ちょっとした小さな自分の願いを叶えてあげる。
食べたいなと思いついたものを忘れてしまわないで食べてみる。
欲しいと思っていながら後回しになっていたものを買ってあげる。

「頑張っているね。良くやっているね。」と自分を労う。
やりたくなくてもやらなければならないことは「そうだね、でも頑張ってやろうよ。」と励ます。
自分が心地良く過ごせる環境を整える。身ぎれいにしてあげる。
今までサボっていたこともあって、けっこうやることがあって大変…。(笑)

「パートナー」というのを考えた時に、
わたしが落ち込んだ時に話を聞いてくれて、わたしの妄想を支持してくれて、
服を買った時に「ねえ、見て見て」と言える人が側にいてくれたら嬉しいな…と思ったりもしました。

でも、気まぐれで好き勝手で自由が好きなわたしは、
わたし自身と仲良くやっていくことが最良なのかもしれないなと思います。
どんなときでも見捨てないで、辛抱強くなだめすかして、励まして。

誰かがいつも側にいてわたしに目を向けてくれていたら、きっと不自由に感じてしまうと思います。
わたしの都合の良いときにだけ誰かが登場してくれたら嬉しいけど。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/607-af028136
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫