心の震えが伝わる(^^;

 2015-12-12
誰かの前でヴァイオリンを弾く時には、
自分の胸の内にある大切なことを打ち明けるような気持ちでいます。

心の内を伝えるのは、嬉しいような恥ずかしいような、
聴いて欲しいけれど聴いて欲しくない、でもやっぱり聴いて欲しい…というような。
(面倒くさい人です、笑)

そういうときには心が震えていて、弓も震えて、時には足も震えます。
でもその心の震えが音に乗って届き、
未熟な演奏でも誰かに何かが伝わるのかもしれないなぁ…と思います。
弓の震えは伝わっちゃ困るけど。

先日の「The First Noel」(まきびとしつじを)の演奏、
弾いているわたしは幸せを感じながらも、音はあんなことやこんなことがあり…。
前日の練習の録音だったら大丈夫なのではないか?と思いました。

良かったら聴いて下さい。





ある人がこんな言葉を教えてくれました。
「たった一人にでも心に響く歌が歌えたら天命を生きていることになる。」

わたしには「いつも涙が出そうになる」と言ってくれる、ありがたい友人がいます。
天命を生きさせてくれてありがとう。

音痴だなぁ…とか、弓が…とか、いろいろと思うことはありますが、
わたしにとって大切な曲になったので、その記録です。
あとで、「ああ、あの頃はヘタクソだったなぁ~」と
上手になったわたしが思える日が来ることを願います。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/604-4409b893
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫