先生との合奏

 2015-12-11
昨日はヴァイオリンのレッスンへ。

先回からの間が普段よりも短い上に、発表会やら仕事やらがあって、
いやいやクロイツェルの21番、7番が厳しいなぁ…と思いながらも、できる範囲で頑張って…。
なんとか次回は次へ進めることになりました。

先回まで、ひとりで弾いて細かく見ていただいていたバッハのダブルコンチェルト3楽章を
久しぶりに先生と合わせました。
練習が充分でないので、いつも指が回らないところは引き続きグジャグジャしてしまいます。
数年前にも取り組んで、今回もかれこれ長くやっていますが、
少し練習できないとすぐに弾けなくなる部分があります…。ん~、困ったなぁ…。

でもさすがに、久しぶりの合奏でも入るところが分からなくなったり、
先生の音に聞き惚れて間違えてしまうことはなくなりました。

一緒に弾くと、先生のような音色で、音の大きさで、弾きたいと思います。
習い始めた頃のように、先生の音しか聴こえないということはないけれど、
重音で合わせる部分では、お部屋が先生の音だらけになって(ほんとにスゴイのです!)
音程が苦手な箇所だというのもあってか、
わたしの音は合っているのか外れているのかも分からないくらい、全然分かりません。

後で録音を聴いたら、自分の音も入っていました。
情けない感じの弾き方で、音程も怪しく…。
音が合っていないから響かず大きな音にならないのですよ!!と、自分で突っ込む。(笑)
はい、わかってます、頑張ります。

先生と合わせるということで、
大好きなオイストラフ父子の演奏を久しぶりに聴いていました。
これを聴くと、気持ちのスイッチがオンになる。
わたしは気分の人(笑)なので、これだけで影響を受けて音が良くなったりします。

「良く響く音が出るようになっています(^^)」
「合奏として成立しています(^^)」と言っていただけました。

褒めていただいても、疑い深いわたしはピンと来ない時もあるけれど、
とっても嬉しくなりました!!
一緒に弾くから、先生の音が乗り移ったら良いなと思って弾いています。その効果かな。

次回は仕上げ演奏の予定です。
日程的にあまり練習ができないのが心配だけど、思い通りの合奏にしたいなぁ。




関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/603-736feac3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫