教会で弾きました

 2015-12-08
先日の日曜日、教会を借りての発表会で演奏してきました。

イエスさまの誕生日のお祝いをするためにヴァイオリンを弾くというミッションを胸に秘め(笑)、
それに相応しい白い服を用意して、
いつのまにか演奏だけでなく、「わたし自身も捧げます」くらいの気持ちになっていました。
(受け取り拒否されそうだけど…)


12314056_952360831518160_796999675374692375_n.jpg


何を伝えたいのか、どんな気持ちで弾けばいいのか、練習しながらいろいろ考えていたはずでしたが、
いざその時にはとても緊張していて、具体的には何も考える余裕はありません。
でも、いいんです。それまでのものはわたしの中にちゃんと蓄積されているはずだから。

緊張の中で弾き始めたら、幸せな気持ちがふわぁ~っとやってきました。
今まで何度か人前で弾かせてもらう機会はあったけれど、こういう気持ちは初めてでした。
だからといって思うように弾けるかといえば、それは別。
やっぱり練習のようには弾けませんでした。そこは残念です…。

シンプルな曲をゆっくり弾くのはとても難しいことなのだと、身を持って分かりました。
下手に聴こえても、そんな簡単な曲…と思われても、それがやりたかったのだからいいのです。
そう思っていたら、他に参加していた方数人から「きれいな音だった」などと声を掛けていただきました。
そうなのかな?ほんとかな?でもそうだったら嬉しいです。

ソロの演奏の後、アンサンブルで「主よ人の望みの喜びよ」を弾いたり、
他の人の演奏を聴いたり、会の運営のお手伝いも少し参加して、たくさんの体験ができました。
集まった人たちがとても気持ちの良い方たちで、会場の教会も本当に素敵な場所で、
わたしにとっては大切な良い一日となりました。

10月の会に来られなかった母が聴きに来てくれました。
感想は聞いていないけれど、「あんまり上手じゃなかったねぇ…」とか言われそう。
でも、たぶん喜んでくれていると思います。

この前からクリスチャンでもないのにイエスさまとか言って騒いでいますが、
時節柄、どうか多目に見てください。




関連記事
コメント
みほさん、お久しぶりです(^_^)/
教会の本番、素晴らしいです!
人様の前で弾くことは緊張しますが、これを乗り越えた何とも言えない達成感を知ってしまうと、やめられないですね。
励みになる記事をありがとうございました。
時節柄、どうぞご自愛なさってください。
【2015/12/09 00:39】 | ヴァイツゼッカー #- | [edit]
ヴァイツゼッカーさん、お久しぶりです!
多目に見てくださってありがとうございます(笑)。

お借りした教会、とても気持ちの良い場所でした。
教会や寺院など祈りを捧げるところは、神聖な気持ちになりますね。

人の中に入ると、わたしのヴァイオリンは他の誰とも違うのだなぁと、
落ち込むような嬉しいような複雑な気持ちになりますが、
これからもわたしにしかできないことを探して行こうと思います。

ヴァイツゼッカーさんも暖かくしてお過ごしくださいね。
【2015/12/09 11:46】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/602-10baf5af
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫