気合いと根性の結果

 2015-11-13
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

ヴィブラートについて、と言うよりも、自分の指の不自由さに気が付いて、
かなり熱心にリハビリを続けた結果、手の動きは柔らかくなったようです。

「最近かなり手が動かしにくそうに見えていたのが、以前のように戻っています(^^)」と言われました。
自分ではいつもできるだけ上手にやろうとしていて、いつもそれなりにできているつもりなので(笑)、
実際にどうなっているかは分かっていません。
リハビリ(?)の成果も、指が動かしやすくなってきていると感じていても、
ヴィブラートが良くなっているのか自分であまり分からないので、客観的に評価していただけて嬉しいです。

神経からの指令が筋肉に届きにくくなって、
手や腕や足の筋力が低下するというのを度々繰り返しているので、
治療で復活してもいろいろ不具合が残るものなのだなぁ~と、改めて思いました。

手が動かしにくくなってもヴァイオリンの練習はできるだけ続けているので、
一生懸命指に力を入れて弦を押さえていた感覚が残っていて、力を緩められなくなっていたようです。
なんでも気合いと根性で頑張る!という対処で乗り切ろうとするクセがあるのだけど、
そればかりでは良くないですね。

冷静になって、まず自分の状態がどうなっているのかを観察しないと、
自分の指が力が抜けずに固まっているのに気がつかずに下手だから上手くできない…と思います。
(まあ、それも事実だけど)
それを分かった上でどうしたら良いかを考えなくちゃ。

指が良く動くようになっってきたので、
ヴィブラートだけでなくトリルも良くなっているとのことでした。
自分では、クロイツェル19番のトリルの嵐の練習の成果か?と思っていたけれど、
先生が言うことの方が確かです。

左の薬指・小指の力を緩めることはできるようになったけれど、
他に調子の悪いところは?と、静かな心(笑)で観察してみると、
左手はやっぱり右より動かしづらいし、肩も油断すると離れて亜脱臼っぽいし、
左足とか右手も違和感が…。

まだどこかで不調を認めたくないところがあるようで、
「なんとも無いですー!大丈夫ですー!」と言ってる人が自分の中に居るようですが(笑)。
その人はちょっと静かにしてもらって、自分の現状に合ったより良い方法を選ぶようにしたいと思います。

とはいえ、普通通りにヴァイオリンの練習をするのだけど。
自分の状態に合わせた適切な力加減を探す、ということかな?
出てくる音を良く聴いたら分かることなのかもしれません。

クロイツェルは20番と6番へ進みます。
また楽譜の解読ですが…、譜読みは体調に関係なく精神力の問題ですね。
ダブルコンチェルト3楽章は少しずつですが、進んでいます。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/595-fb00c661
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫