メトロノームに連れられて

 2015-11-05
クロイツェル18番は音符の長さをあちこち間違えていて、凹みました。
同じ間違いを繰り返さないように、19番はメトロノームに手伝ってもらうことにしました。
(気がつくのが遅いけど…)

とはいえ、いきなりメトロノームに合わせて弾くのは無理なのです。
ヴァイオリンで音を出しながら楽譜にアンチョコ(笑)を書き込んでいると、
全然進まなくてイヤになっちゃうのを思い出し、
まず、音を出さずに自分が弾けるための準備をしました。

それを終えてから、ゆーっくりのメトロノームに合わせて弾いてみました。
音程が合っていなかったり、途中で止まることはもちろんあるのだけど、
わたしが止まってもメトロノームの音はそのまま
「カン、カッ、カッ、カッ、カン、カッ、カッ、カッ…」と続いています。

一人でやっている時は、つっかえて面倒くさい場所の譜読みはイライラして
「もう、ここでやめたい!!」と思ってしまうことが多いけれど、
メトロノームが鳴っていると、手は止まってもなぜか気持ちが止まることはありません。

縄とびで、大縄がグルグル廻っているところに飛び込むタイミングを図っているような気持ち。
どうしてか良く分からないけれど、先へ先へと引っ張られます。

ちゃんと弾けたというのではなく、かなり適当だし、アヤフヤなところもあるけれど、
これまでに比べてとても早い段階で最後までたどり着きました。

いつもは途中でつっかえたところでグジグジとして、なかなか先へ進まなくて、
先の見通し真っ暗…という状況が長く続くのだけど、
多少いい加減でも最後まで音を出せると、曲の全容が何となくでも分かって
ものすごーく気持ちが楽になりました。

メトロノームは馬ニンジン?
もっと早くその効果に気がつけば良かった…。

19番は読譜はそれほど難しくなくても、弾くのが大変です、助けて下さい!
(結局こうなってしまうのです、笑)
トリルの嵐です。小指が動かなくなるまで、薬指が動かなくなるまで、延々と痙攣のようにトリルします。
ようやく指が代わったと思ったら、またすぐ小指が始まって「限界に挑戦!」みたいな感じです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/593-1f5ad161
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫