自分で選んでやっているのだから

 2015-10-30
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

クロイツェル18番は、やっぱり音程が良く分からない部分があって、
レッスンの前に家で練習してもダメでした…。
が、音程よりも音の長さを間違えて弾いているところがたくさんありました。

符点がふたつ付いている音符(複符点というそうです)が出てきて、
調べて音の長さは分かったつもりだったけれど、
何度もたどたどしく練習しているうちに違う長さで弾いていたみたいです。

他にも、三連符と十六分音符を行ったり来たりするときにリズムがおかしくなっていました。
あ~、音程が少し違うよりももっとたくさん問題があったのに気が付かなかった…。ふぅ…。

「18番が良く分からなくて、ヴァイオリンが嫌いになりそうでした。」と先生にお話ししたのだけど、
思ったよりもひどくはないとのことでした。
その程度までできるようにしなくては…と思って練習するのが大変だったのです。

もうひとつの4番はアップボウスタッカートとダウンボウスタッカートの練習の曲。
パターンを変えて弾くのでわたしには2曲分の練習が必要で、
18番にかまけておろそかになっていたので、つっかえつっかえになってしまいました。

どうしても音程が分からない…とお話ししたら、
「クロイツェル26番以降に、もっと音程が取りにくいのがたくさん出て来ます(^^)」との予告が!
ん~、これよりももっと難しかったらどうなるんだろう??
想像しただけで気持ち悪くなりそうです。

でも…、
ヴァイオリンは自分がやりたくてやっていることで、レッスンに通うことも自分が決めていること。
やめようと思えばやめられることだけれど、
苦労してもやっているのは自分がそれを選んでいるからなのだな、と改めて思いました。

上手くできないのは誰のせいでもなく、
わたしも出来る限りやっているのだから、自分が悪いのでもなく仕方ないこと、かな?
そのうちにできるようになるかもしれないから、今はこれで良しですね。

次回は19番と5番へ進みます。
バッハのダブルコンチェルト3楽章は、一人で弾いて細かく見ていただいていますが
そんなわけで、ほんの少しずつしか進みません。


__ (16) (768x1024)  ハロウィンは明日ですよね、たぶん(笑)




関連記事
コメント
私も習い事をしていて
なかなか進まない時もありますが
できるようになると、超うれしいです(*´∇`*)

先生にひらめきを頂いたり
大発見があった時には
光がぱぁ~っと明るくなる感じです☆
【2015/11/01 13:11】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん♪

先生は自分が気が付かないことを教えてくださるので
嬉しい発見やそう出ない発見が必ずありますね(笑)

光がぱぁ~っと明るくなる感じ、という言葉で、
習い始めの頃、先生がお手本を弾いたら
白黒だった曲(?)がカラーに変わったように感じたのを思い出しました♪


【2015/11/01 19:22】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/591-466b5eb1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫