母からの手紙

 2015-09-28
今週土曜日の朗読とヴァイオリンの会、お知らせのハガキを母に出しました。
去年は会が延期になり、わたし一人でヴァイオリンを弾いたのでしたが、
その話しを後から母にしたら、自分も聴きたかったと言われたので。

普段は音信不通を決め込んで、こちらからはあまり連絡をしないので、
そんな娘から会のお知らせが届いて嬉しかったようです。
すぐに電話が掛かってきて、
「やりたいと思いつくことは「やってよし!」という神さまからの指令だと思うのです。」って、これ良いね~!
と喜んでくれました。

ただ、翌日にどうしても遠くに出掛ける予定があって、
そろそろ80歳近い身としては連続で遠出は自粛するとのこと。とっても残念がっていました。

その数日後、例年のように近所で採れた栗をもらったので送ると、荷物が届きました。
普段自分で作り置きしているお菓子と栗をきっちり箱に詰めて、
歳をとっても以前と変わらない几帳面な字で書かれた手紙も入っていました。

「…しかし、あなたの勇気と度胸の良さ、行動力に感心致しました。恐れ入ります。
 まだまだ青春を謳歌しているようで羨ましい限り。」
「…自分の天命が何時終わるのか誰にも判りませんが、それ迄無理をしないで
 自分の出来る範囲での挑戦はしてみたいです。」 (無断掲載、ゴメンナサイ)

前に会った時には、同い年の友人が亡くなったことで、すっかり元気をなくしてしまっていたのが、
電話の声にも張りが戻ったし、文面も明るくなっていて、良かった。

わたしは度胸が良いわけじゃなくドキドキ緊張するし、人にどう思われるかも気にもなりますヨ。
ただ、それよりもやってみたいという気持ちの方がちょっとだけ多いから。
自分のその気持ちに付き合うのはかなり大変だけれど、仕方がないのです。

ちょっとだけ勇気を出して母にお知らせハガキを出して良かった。
自分が母の立場だったら、娘のそんな姿を見られたら嬉しいだろうな…と思ったので。
でも、自分が人前で話したりヴァイオリンを弾くのを母に見られるのは恥ずかしいので、
少しホッとした気持ちもあります。
まだ会は終わっていないけれど、やって良かったと思うことがまずひとつありました。

週末は練習できなかったし、会の練習は弾きたい気持ちの時にやろう!と決めたので、
それほどたくさんしているという状況ではないです。
「そんなことで大丈夫なのか!?」という自我先生の声をスルーしてみる…。
何が大事なのか、ちょっと分かった気がするので、たぶん大丈夫だと思います。


___20150928204622239.jpg




♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

  10月3日(土)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから」 
                          朗読とヴァイオリンの会


               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪




関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/579-0abb1cfd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫