カイザーからクロイツェルへ

 2015-08-27
今日は3週間振りのヴァイオリンのレッスンでした。

3巡目のカイザー36番が終わり、3年かけてようやくカイザー練習曲集を卒業しました。
そして今日からクロイツェル、まずは15番からです。

カイザーが終わったといっても、「やったー!」というような気持ちではなく、
クロイツェル15番が、まるでカイザー37番かというように(そんなのないけど、笑)
すんなりと移行して、淡々と進んでいっているように感じます。

カイザーを始めた頃は譜読みに莫大な時間が掛かり、
何を弾こうとしているのかさっぱり先が見えず、ジャングル探検のように思えました。
レッスンまでの限られた時間で解読しなければならず、プレッシャーを感じる毎日でした。

2度の入院の時にも持って行って譜読みをしていて、
イヤだイヤだといいながら、今となっては愛着のある本です。

クロイツェル15番は
「予想していたよりも良くできています(^^)」と言っていただけました。
家での練習では指が動かしにくい日もあったけれど、今日は大丈夫でした。

そして、次回は16番と2番へ進みます。(1番はやらないそうです)
ん~、これで先へ進むということは、きっとクロイツェルも何度もやるのでしょうね…。

クロイツェルへ進んだからか、先生の言うことがこれまでより高度なことに感じられて、
いよいよ音楽をするところへやってきたのかもしれないと思いながら、でもなぜか腰が引けます。

これはなんなのだろう…?
新しい段階へ進むと、先生の言われたことに自分はついていけないのでは?と不安になります。
バッハの無伴奏のアダージョを始めたときも、そういえばこんな気持ちでした。

そういう時は、考えてないでただやればいい。
いつまでも自分のことをヘタクソだと言っていては、そこから先には進みません。
そこを変えなければならない日がやってきたのかもしれません。





関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/568-5af7b391
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫