上手じゃなくても目を惹く踊り

 2015-07-27
バレエの舞台の裏方の仕事に行っている時はヴァイオリンの練習はできないけれど、
音楽を聞きながら、踊る人たちを見ながら、いろいろな事を思います。
それが、わたしのヴァイオリンには役立っているのだと思います。

発表会で踊る子どもたちや大人たち。
今後頑張って練習してもバレエダンサーになるのは難しいだろうなぁ…という人もいます。
楽しみのため、健康のためなど、
誰もがバレリーナを目指してバレエをやっているわけじゃないのでそれでいいのです。

だからと言って、そういう子どもたちや大人たちがつまらない踊りをしているかといえば、
ぜんぜんそんなことはないのですよ。
とっても楽しそうに踊っていたり、なんともいえない味のある踊りだったり。
何度見ても、ついその人に目が行ってしまうということもあります。

わたしも今から本物のヴァイオリニストになることはないでしょうから(笑)、
そういう人たちのようにヴァイオリンを弾くことができたらなぁ…と思います。

始まる前にはとっても緊張している子どもたちが、
いざ出て行くときにはパァっと表情が変わります。
袖に戻ってきた時にはとっても嬉しそう。

先日、先生に「何を思って演奏に臨むのですか?」と質問したけれど、
この子たちはどんなことを思って舞台に出て行くのだろう?
「ドキドキして緊張するけど、お客さんの前で踊るの嬉しい!」と思っているんじゃないかな。

自分が誰かの前でヴァイオリンを弾かせてもらうときには
「ドキドキして緊張する…」だけで、「嬉しい!」が抜けていると気がつきました。
次の機会には「ドキドキするけど嬉しい!!」という気持ちで弾いてみたいと思います。

自分が子どもの頃、バレエの発表会に出た時には
1000人の客席の中で家族がどこに座っているか、いつもすぐに見つけられました。
一体何を考えていたんだろう(笑)
大きくなるにつれ、そういうことに気が廻らなくなっていったけれど。



関連記事
コメント
確かに、うれしいって思ったことないですΣ(゚Д゚)

成績とか、就職できたとか、練習したことができたことで
うれしいと思いましたが、お客さんの前では
自己ベストのことしか考えてません(笑)

どうしたら、うれしいって思えるんでしょうね~?

ブログでも、記事に書いてみようと思います!
【2015/07/28 16:40】 | 吉瀬 弥恵子 #- | [edit]
吉瀬さん♪

バレエの発表会だと、綺麗なお衣裳を着て、お化粧して、
お友達や家族が見に来てくれるのが嬉しい、という子が多いと思います。

ヴァイオリンを習っている小さい子たちは、
発表会の時にはどんな気持ちなのでしょう?
自分には経験がないので想像できません。

わたしは、好きな曲の好きな箇所を弾く時には「嬉しい」と感じます。
それを誰かの前で弾く時にも覚えていたいなぁと、今は思いますが、
その時になったらどうなることか…(笑)
【2015/07/28 18:02】 | ささきみほ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/555-f6b85ab0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫