お金を磨くのにお金を払うのは…

 2015-07-18
昨日は高円寺ヒトツナで夕方からのイベントに参加してきました。

入り口近くのテーブルにいたので、外のポスターに足を止める人が見えました。
「どうですか(^^)」と中から声を掛けると
「お金を磨くのにお金を払うっていうのは…」と。

ほぉ…。なんだか新しい視点?!
わたしは今までそんなふうに思ったことはなかったので(笑)。
お金磨きは、来てくれた方に磨き方を説明してご自分で磨いてもらいます。
人に磨かせてお金をいただいちゃうわけですが、
お金磨き30分500円の料金は、楽しいことのご提案料だと考えています。

「ヴァイオリンも持ってきて下さいね。」と、いつものように優しい言葉をかけていただいて、
家で練習してから出掛けたはずでしたが、なぜかとても緊張して上手く弾けず…。
何の加減でこうなるのか、自分ではわかりません。
夜だからなのか、弾いた場所がいままでと違うところに立ったからか…。

自分が上手ではないことは重々承知しているけれど、
せめてもう少し家で練習しているのに近い音が出せたらいいのに。
ヴァイオリンを弾く時にどんな自分でいたいのか…と思って持ち方を変えたりしているけれど、
そういうことは全部どこかへ行ってしまって、自分がどうだったのかも分かりません。

イベントに参加している方たちはみんな優しいので、
そんなわたしを暖かく見てくださって嬉しいです。
昨夜は入り口を全開にしていて、そこに背を向けて弾いていたのだけど、
「通る人が足を止めて中を見ていた」と教えてくれました。

今回、イベントのお知らせをこちらでできませんでしたが、
この夕方からの新しいイベント「セラピーパーク」は毎月開催の予定です。
わたしは来月は出られませんが9月18日(金)に参加予定です。
次回はもう少しマシな演奏にしたい…といつもの事ながら思います。

10月には「朗読とヴァイオリンの会」をやりたいと計画していますが、
ん~、昨日の様子だと先が思いやられる…。


11013379_825623440884303_2290497024821707336_n.jpg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/550-5aad8bd3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫