別れ話を切り出され…(笑)

 2015-06-20
無念無想で弾いているような、わたしが目指すバッハのアダージョはどんな演奏なのか、
youtube でたくさん聴いてみたけれど、色々な演奏があってますます分からなくなりました。

先生にそうお話しすると、
「本当にいろいろな演奏があります。でもどれも正しいです(^^)」
「いろいろな演奏が存在するというのは、答えが無い曲だということでもあります(^^)」
「どれが良いというわけではないです。でもまずは楽譜通りに弾けるように(^^)」ということでした。

全部正解…、そうなんだ…。
何だか少しホッとしました。だって無念無想で弾いているように聞こえる演奏は見つからなかったから。
当たり前のことかもしれないけれど、どの演奏にも弾く人の色がついているから。

どうしても重音の前が準備のために間があいてしまったり、音が短くなったりします。
わたしにはどうしてこれが止まらずに弾けるのか、不思議です。
何度やっても間が空いちゃうな…。もっともっと何度もやったら繋がるようになるのか…?
音がフワフワとあいまいになってしまうところもまだまだあります。

でも、家であーでもない、こーでもないと練習したり、
ドラマの中の雅志くんに触発されて夜中に弾いたりしたおかげで
「うんうん、すごく良くなっています。音はまっすぐ出るようになりました。(^^)」と言ってもらえました。

「重音の前で音を伸ばそうとする、リズムを崩さないように、というのができていれば
これはひとまず良いです。もうひと頑張りでお願いします(^^)」と先生。

「・・・・・・?」

「もちろん音程がとかいろいろありますが、まず現段階ではそこまでできれば良いです(^^)」
「今後も半永久的に何度も繰り返し取り出しながらやることになるとは思いますが(^^)」

そうなんだ…。もうすぐ一旦終わりなんだ…。
まるで何の心の準備もないまま、突然別れ話しを切り出されたかのような心境になりました。
「できないできない」と言いながら、ずっとこの曲と過ごすのだと思っていたのです。
なんだ、やっぱりすごく好きなんじゃないの(笑)

でもよく思い出してみれば、これを始めたのは2月。もう4ヶ月経っています。
それなのに、つい最近始めたような気がするのはなんでだろう?
もうひと頑張りということなので、すぐに終わりということではないけれど。

結局のところ、バッハのアダージョを練習するのは、やっぱり大好きなんだと認めるしかありません。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/542-af3a8759
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫