落し物

 2011-08-28
アーチェリーの練習の帰り道、駅近くの道を自転車で走っていると…、
少し先に何か水色のものが落ちているのに気が付きました。
「…?」と思っていると、それを拾って走り出す人が!

「ウイッシュッ!」のダイゴがするような黒い革の手袋をつけて、革の靴を履いている男の人。
走る!走る!落としたところを見たのか、自転車を追いかけています。
拾ったものは、小さな女の子が持つようなポーチでした。
「頑張れ!!」と心の中で応援する。でもその差がどんどん開いていく…。
それでもまだ走り続ける…。「この人、すごいな…」と思うわたし。

しばらく追いかけたあと、走るスピードが急に落ち…。
「あ…、ついにあきらめてしまった…」
わたしは自転車のスピードを変えなかったので、その人を追い越すことになる。

その男の人を抜かした瞬間、自分の中の思い付きを無視することができなくて、
自転車を止めて振り返りました。
「それ、どなたのものですか?」
(息を切らしながら)「…あの、…子どもを後ろに乗せた、…自転車の…」
「わかりました!」
声を掛けると同時に出していたわたしの手に、落し物を託してくれました。
顔を見ると、たぶんわたしと同年代くらい、ロン毛の、不思議な雰囲気の男性でした(^^)

絶妙のバトンタッチで水色ポーチを受け取ったわたし、グゥーンとペダルをこいで、スピードアップ。
自転車の前に男の子、後ろに女の子を乗せたお母さんにようやく追いつきました。
「これ、落しましたか?」
「…、ハイッ!」
「男の人が気が付いて走って追いかけてたんですけど、追いつかなくて、代わりに預かってきました」
お母さんと後ろを振り向きましたが、その人の姿は見えなくなっていました。

知らない誰かのために、あんなに走る姿を見せてくれてありがとう。
わたしにお手伝いをさせてくれて、ありがとう。
なんだか、幸せな気分になりました。


関連記事
コメント
ブログを読ませて頂き、より情景が目に浮かびました!
やはり文才がありますね~(*^^)
【2011/08/31 22:56】 | yoriko #- | [edit]
いやいや、お恥ずかしい…(*^^*)
でも、楽しかったことはスラスラと書けますね~。
【2011/09/01 00:09】 | 楽しさお届け人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/54-e33ad97a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫