きっちり線を引かないで

 2015-05-11
舞台の仕事が一段落しました。
これで、次に忙しくなる7月まではゆったりとしたスケジュールです。

2~3月のシリーズでは気持ちの上で余裕が無かったけれど、
今回は仕事の内容が違うこともあってそれ程でもなかったみたい。

この前、「望まないことを自分にさせない」と決めたのですが、
そんなに真面目に線引きをしなくても良いのではないか?という意見をもらって、
きっちり区切らずに自分に無理のないやり方を探していこうか、と思うようになりました。

ボスとの仕事はもうやることはないかもしれない、と心の中で思っていたけれど、
(思っただけで、話してはいませんでしたが)
わたしの中で緩やかな保留になりました。

もう無いかもしれないし、またあるかもしれない。
仕事に限らず、どんなことにもそういった可能性はあるものですね。
大切なことや大切に思う人に、いつもそういう気持ちで向き合いたいなと思います。

以前は「自分が仕事を辞める時はボスが仕事を辞める時」なんて思っていたことがあったのに、
さっさと自分から辞めてしまって、
しばらくして「また仕事させてください。」とお願いして今に至ります。

自分勝手で気まぐれなので、(本人は熟考の上で決めたつもりだけど、笑)
何か言い出しても、「また戻ってくるのでは?」と思って受け止めてもらえるとも思っています。
本人はいつも大真面目なのだけど。

気持ちの上では大変ではなかったけれど、今度は身体が不調でした。
筋力低下でまた肩が危ない感じです…。
今日は神経内科のゆるキャラ風主治医先生に会いに行き、治療の予定を決めました。
病院がとても混んでいて、3時間待つうちにウトウト居眠りしていたら呼ばれる頃には頭がシャッキリ。
良い休養になりました。

ついでにスーパーでプリンを買って帰りました。
お酒は飲まないので(弱いです)、これがわたしのささやかなシアワセ。


__ (9) (768x1024)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/524-c336aa93
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫