音がヨロメイテいきます(^^;

 2015-04-16
桜のあと寒い日が続いていましたが、ようやく4月らしい暖かさになりましたね。
今日は上着を持たずにレッスンへ。
そうしたら夕方の帰りには寒くなっちゃいました。カゼ気味なのに…。

頭はボーっとして、声が出しにくく、目は良く見えない(笑)。
調子の良いときはメガネを掛けなくても楽譜が見えるのだけど、今日はメガネでした。

3巡目のカイザーは22番と23番。
22番は指の運動みたいですが、小指と薬指が動かしにくい…。
他の曲を弾いている時にも突然指が突っ張ったままになって曲がらなくなったりしました。
ヴィブラートは家で練習している時に、ちょっとしたことに気が付いたら少しやり易くなって、
弦を交換したこともあって23番は良い音が出たような気がします。

バッハの無伴奏・アダージョは、譜読みは終わったけれど、ぜんぜんダメです。
先生がいろいろ言ってくださることに、ついていけていません。
何がダメかと書き出したらきりが無いのでやめておきますが…。
「なんだか音がヨロメイテいきますので…(^^)。」
という先生の言葉が、わたしの状況を表しています。

わたしには弾けるようになる日は来ないのではないか?と思ったり。
でも考えてみれば、いつでもどんな曲でもそう思うのでした。
カイザーだって、3巡目になってようやく何をやっているのかが分かる音になってきたのだし。

バッハの無伴奏は一生掛けて取り組む価値のある曲、ということなので、
わたしがすぐにできるようなものでは無いことは分かっています。
焦っても仕方が無いけれど、のんびりしている場合でもなく。
やるべきことをやるのみ、ですね。

ヴァイオリンのことではないけれど、展覧会やバレエから感じたことを先生にお話ししました。
わたしはなんでも簡単に単純に考えて、気に入った好きなところをまっしぐらですが、
先生はわたしとは違った、周りを広く見渡すような視点から話してくださいます。
わたしの世界も広がりが出ます。

思っていること、感じていることを話すのがあまり上手ではないわたしの話しを
時々不思議そうな顔をして、でも根気良く聴いてくださいます。
いつもありがとうございます。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/517-02797b89
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫